思考暴走族(または思考珍走団)

問題集をやりつつ、転勤の準備をしつつ、仕事をしながら、アホの母の相手をする。
このところ頭がフルスロットルで爆走しているのである。

そんな時こそしっかり制御しなくてはとてもデンジャラスなのである。
で、問題集の回答のいくつかにおいて前提をすっ飛ばして解答を書きなぐるという事をやらかしたのである。
時々やってしまう悪い癖なのである。

理詰めでものを考える力はある程度ついてきたのかもしれない。
それに伴って、頭の回転も速くなったのかもしれない。
だがしかし、きちんと制御しなくてはただの『思考暴走族』である。
きちんと制御すべく精進するので、どうか『思考珍走団』というのだけは勘弁していただきたいと思うのである。

などと書いている拙者。
本当に反省しているのだろうか・・・。

おすすめの武器

問題集9のQ10回答編を読んだ。
Q31でおすすめの武器を尋ねている方がいたので、私のお勧めの武器をいくつかお教えしようと思ったのである。

①スリッパ or ハリセン
小型で適度な威力と音を楽しめる。使い方は手首を利かせてパコーンガ基本

②タオル、手ぬぐい
相手に向かってフリスビーを投げるような要領でまっすぐ投げ出し、相手にあたる瞬間に一気に引く
振り回すのはダメ
素振りで要領をつかむことをお勧めする。引いた時に『パーン』という小気味いい音が出ればOK
あとは引くタイミングが勝負です
少し湿らせると威力は倍増

個人的には手ぬぐいがお気に入りです。軽くて殺傷能力が無いわりに痛い。
うまく使えば拘束具としても大活躍。
この、付加価値野郎!  です。

普段のネタよりもイキイキと語る自分が怖い・・・。
そう思った次第である。

自分の行動を考えてみた

Nさんのいろんな鑑定において、軒並み予想外に良い結果をいただいている。
一方で、普段の私の行動はと言えば、碌なものではない。
基本的に怒るときも、人をビビらせるときも、基本的に人のためという方向性ではある。

だがしかし、こういう行動を心がけているのは自分だけのことではないのである。
さらに、自分の行動の特徴を考えてみると思い当たったことがある。

そもそも、私は自分の波動を上げるための行動をしていないのである。
波動が上がるまたは下がるのは、あくまで行動の結果であり、目的ではない。
最近の自分の行動は『人としてどうすべきか』、『良く生きるためにはどうすべきか』、『仁義任侠』、その辺を軸に選択している。
波動の上下はその結果である。
下がれば自分の行動を見直すのである。

これがいいのかどうかは良くわからないのであるが、子供のころから『努力すること』が何よりの美徳と教え込まれてきた私のようなものにとって、この行動によって心が自由を得て心の姿勢が悪化することが減ったと思うのである。

あと一息

波動量は95であった。

目標は96以上。最終的には100を目指すのである。
あと1ポイント。
もう一息である。

一方で、今の精神状態は自分の振れ幅の一番上あたりなので、状態が悪い時にはもっと低い値であろうと思うのである。
上限値を高める努力とともに深く落ち込まないことも目指そうと思った次第である。

思考力と判断力

いろんな切り口で今の自分をとらえる視点を見出してくれるifさん。
かなりの人数の鑑定を一手に引き受けて、的確に答えをくれるNさん。

いつもありがとうございます。

そして、今回の私の思考力と判断力の結果であるが、両者とも9であった。
予想を大きく上回る結果であったのである。
が、この結果を喜んでいいものだろうか?

正直なところで言うと高い結果は手放しにうれしいのである。
一方で、私の高い結果はいつもこのパターンである。
目標は10。そして私はそれに近いものの何かが足りない。
足りないものは自分の死角なのである。
8や9までは、1の違いは1なのであるが、9から10までは1以上の距離があるのである。

多くの場合、途中で投げ出すこともあったのであるが、あとは言わずもがなである。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数