20年前

20年前、家内と二人で賃貸マンションで暮らしていた。

地震が起こった時のことは今でも覚えている。


私が勤める会社は、被災地に倉庫を持っており、被災していたのである。

私が勤務する工場ではそれ程被害はなかったのであるが、工場や組合の幹部は甚大な災害を目の当たりにしてテンションが上がり、さぞかし困っているだろうと被災地の状況もろくに確認せずに『救援チーム』への参加者を募ったのであった。


私は真っ先に志願したのであった。

私が被災地に行ったのは20年前の明日であったが、ひどい有様であった。

倉庫に到着すると、濃縮スープや乾燥野菜など、インスタント食品の素材が保管されていた倉庫が数棟が半壊状態で、日本酒と焼酎が保管されていた倉庫は強烈な酒の匂いが漂い、割れた瓶の破片で埋まっていたのであった。

水は貴重品である。

濃縮スープが一面にこぼれた床は拭きたくても更けない状態であった。

そこで、こぼれずに残った酒や焼酎をかき集め、それを使って拭きとることにした。

四方は一斗缶の山に囲まれ、足元は濃縮スープですべりやすい状況であった。

後輩と二人でそこに籠り、拭き掃除をしている最中に大きな余震に襲われた。

足元が滑り逃げ出せない。後輩は頭が真っ白になって動けない。

一斗缶の山が揺れている。

私は腕力だけで後輩を投げ飛ばし、屋外に叩き出した。一斗缶数個の直撃を受けた。

しばらくして余震は治まった。ほんの数秒であったが、長い時間に感じられた。

そして、前日の本震を思うとさぞ恐ろしかっただろうと感じたのであった。


一日の作業を終えて職場に戻った。

救援チームを引率(彼らの表現では指揮)した工場次長、総務課長、労組書記長の3人は自らの善行に得意満面であった。そして、メンバーを会議室に集め、感想を募った(社内報に掲載してもらうために)。


そこでまず私が口を開いた。かなり頭に来ていたのであった。

『メール連絡が復旧したのなら、状況と必要な装備を確認するべきだったのではないでしょうか?』


工場次長はそれに答えた

『お前は、助け合いよりも自分の安全のほうが大事なのか!』


私はさらに言った

『そう言うことではありません。あの場でけが人が出たら、却って迷惑だったということです。事務所でたばこを吸って、貴重な水で沸かしたお酒を飲み、雑談で一日を過ごした人にはわからないでしょうが』


周りのメンバーも続く

『日持ちしなさそうなパンを差し入れとして持参するのは迷惑だったのでは?』

『貴重な水や食料から私たちの食事の世話をしてくれたが、自分たちの水や食料は持参すべきだったのでは?』

『状況を確認せずに大勢押し掛けたのはかえって迷惑だったのではないのか』


主に若手から批判的な意見が続出であった。

第2陣はよく考えたうえで出されたのは言うまでもない。



当時は、善意と感情が暴走した工場と組合の首脳を批判したものであった。

そして今思うのは、当時の私もさほど彼らとは変わらないのである。

私が彼らを批判したのも理性ではなく、主に感情によってであったから。

マイ・ボディーガード

もう9年前になる。

静岡に半年ほど単身赴任したことがある。

その時に出会った映画である。


当時の私は、その頃の上司が私の仕事の成果を横取りし、それを私が公表するのを恐れて私に不利な流言をして、そのために孤立していた。私と上司には直接無関係な人たちからも攻撃を受けた。

人を攻撃するために正当な理由を必要とする種類の人がいることを思い知らされた。

結果的に私には何一つ非がないことが証明されたのだが、私を攻撃していた人たちは手のひらを返したように近づいて来た。私のことを実は信じていたのだと言いながら。

そして、私は職場において心と言うものを無くし、機会があれば合法的に彼らに復讐してやろうと思っていた。かなり低波動であったと思う。意識レベルを測定すれば一桁だったかもしれない。


そんな時に単身赴任することとなった。そこでは私の持つスキルは意味を持たず、一からいろんなことを覚えながら仕事に取り組んでいたのだが、暖かく迎え入れられたのである。徐々に心を取り戻し、恢復するきっかけをもらったのであるが、その時の心の動きと『マイ・ボディーガード』でデンゼル・ワシントン演じる主人公とがシンクロしたように思われたのである。


今にして思うのは、当時は自分がなぜひどい目にあわなければならないのか、この世界すべてを呪ったことがあった。自分のすべてを怒りと怨念で染め上げたことがあった。その『ひどい目』も私にとってかけがえのない経験であったと思うのである。そして、ありがたいことに、いたるところに救いやヒントが与えられていたのである。


これらの経験を通じて私の中には『仁義』があり、『Family』のカードを引くことになったのだと思う。

大晦日と元日

大晦日と元日。

子供の頃の、この2日間のイメージを一言で言うと『胃部膨満感』であった。


私の母親はしきたりや習慣、固定観念や思い込み。そういうものに縛られて生きている人であった。

私の兄は大晦日生まれで、母親にとって息子の誕生日にはごちそうとケーキと言うことになっていた。

そして、年越しには家族そろってそばを食べることに決まっているのであった。

これらを両立させるのは子供の胃袋にとって難易度の高いものであった。

さらに追い打ちをかけるのは、以下に上げる母親の固定観念であった。


①食べ物を粗末にするのはもってのほか。だされた食事はきれいに食べるべきである。

②上の子は食が細いから残すのは仕方ない。でも下の子は食欲旺盛だ。


これらの結果、私に与えられた選択肢は『すべて食べる』か『完食する』かの二者択一であった。

この状況で『美味しかった』とニッコリして見せるあたり、私もかなりの役者であった。

そして胃袋は悲鳴を上げる。


追い打ちをかけるようであるが、母親は極めて低次のアワ人間である。

手伝って欲しくてもそれを口に出さず、『自分ばっかり』と感情を悪化させる。

忙しい年末はそれに拍車がかかるのである。


胃部膨満感は消化吸収の負担だけではなかったのだろう。





今は胃部膨満感から解放されている。

私が何か手伝おうとあたふたすると、却って邪魔になるし、うざいので家内に怒られる。

一方で、犬さん、猫タン、ニワトリの面倒をみて(要はリビングで目を配りながらPCで駄文を書き散らす)、頼まれたことをこなし、時々味見をする。それでよし。である。


自分が人に何かをしなければ存在価値が無いということではない。時として存在自体に価値がある。そう言うことを教えてくれたのは家内である。

職員室論争

if さんのブログ『ぐれん』の記事『職員室じゃないので』を見て思い出したことである。


中学生の頃、職員室に入る時のあいさつについて、くだらない論争があった。


入室時に『失礼します』と言い、退室時にどういうか?

そのことでクラスを二分する論争があった。みんなアホであったのである。


<失礼しました派>

失礼しますと言って入ったから、出るときは失礼しましたと言うのが正しいと主張する一派。


<失礼します団>

その場を離れるときに、目上の人には『失礼します』と挨拶する。それと同じで、先生がいる部屋から出るので失礼しますと言うべきと主張するグループ。運動部系男子が主体の少数派。


当時、クラスの委員長(じゃんけん最弱者)をしていた私は『失礼します団』のメンバー。副委員長をしていた女子が『失礼しました派』の幹部であった。


担任に用事があり、副委員長と職員室に行かなければならなかった。

めんどくさかったのもあり、『失礼しましたと言うことは、職員室に行くのは失礼な行為だと思う。俺はそんな礼儀に反したことはしたくないので行かない』と言ったことを覚えている。


その時から副委員長から『屁理屈王(巌窟王ではなく)』と呼ばれることになった。

唐突に思い出した

今朝、通勤中に唐突に思い出したのである。

幼稚園から中学までずっと友人だったKのことである。

今はKはいない。

中学校の卒業の直後に、山火事に巻き込まれて死んだのである。


Kとは幼稚園のころから仲が良かっただけでなく、いろんなところで偶然出くわしたりするのであった。

小学校の頃、自転車で30分ばかり走ったところにある大きな道場で柔道を習っていた。

練習が終わって、帰ろうとしたとき、何故かKがいた。

Kは同じ道場で剣道を習っていたのであった。


柔道の練習の帰りに自転車で派手に転倒して全身に酷い擦り傷を負い、近所の外科病院に通院する羽目になったのだが、そこにも何故かKがいた。私よりも数日前に同じところで同じような目にあって、同じ外科病院に通っていた。


Kは中学ではワンダーフォーゲル部に所属していて、卒業式の数日後に恒例の送別キャンプに行き、そこで起こった山火事で逃げ遅れたのであった。


Kとは銭湯でもよく顔を合わせたのであったが、中学校を卒業した後もKの父親とはよく顔を合わせた。

私の成長を、わが子を見るように喜んでいたのを覚えている。

いろいろと励ましてもらったこともある。


人は生きていくうえでいろんな人の思いを背負って生きていくのである。

その思いに報いるには…。

書くまでもないことである。

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数