またまたゴダイゴ

たぶん中学生ぐらいだったと思う。
テレビでゴダイゴが英語の歌を歌っていて、それにくぎ付けになった。
タイトルもわからないし、英語なので何を歌っているのかもわからない。
それでも心にしみるようで、じっと聞き入っていた。

兄がいきなりリモコンであちこちチャンネルを変えて、『面白い番組、無いな』などと言いながらテレビのスイッチを切ってしまった。
『観てたのに!』と言うと、知らなかったとへらへら笑いながら行ってしまった。
どこのチャンネルかわからなかったので探してみたが、探し当てた時には別な歌を歌っていた(確か、『ポートピア博覧会』のテーマソング)。
母親的にはうちの兄は『優しくて弟思いのいいお兄ちゃん』であって、それは母親がそう思い込みたいのか、気違っていたのかわからないが、兄はそういう人なのである。人の行動を邪魔して喜ぶところがある。しかも回りが気付かないようなやり方で。

長年その曲をもう一度聴きたかったのである。
歌詞を知って和訳してその意味を知りたかったのである。
ほぼ、そのためだけに英語をまじめに勉強した様なものである。
その後、その曲のことを諦めて英語の勉強にモチベーションをなくしたため、今では私の英語力は惨憺たるものである。

そんな中、偶然巡り合った。
これである。

現在、和訳歌詞を捜索中であるが、今のところ見つかっていない(自分で和訳する気は全くなし)。

先日の出張で・・・

今日はお盆休み前の最後の出勤日。
今朝飯を食っているのだが、先日の出張で見たものをふと思い出したので、書いてみた。

同じ職場からその学会に参加していた数人と一緒に昼飯を食べていた時のことである。
そこはこじんまりした年季の入った中華料理店。
昼休み時間が、昼食の混雑のピークを外した時間に設定されていたので、会場周辺の飲食店は客の入りが落ち着き始めた時間帯であった。
中華料理店の店主が店員の一人に・・・

○○さん、そろそろ御飯にして少し休む、よろし

『○○ある』と並び称される中華系日本語である。
なかなか良い物を聞かせてもらった。

続きを読む

心の表現

この記事を読んで思うこと。
特に感情が動くわけでは無いが・・・

自分の心を表現するのに、悪意を持ってしか表現できない人がいるのは悲しいことだ。

星の・・・

実際に会ったことは無いのだが、ブログを介して身近に感じていた存在が旅立ったそうである。

・・・泣いた。

ふと『星の王子様』の一節を思い出した。

夜の空を見て、あの星の1つに僕が住んでいて、そこで僕が笑っている、ときみは考えるだろう。
だからぜんぶの星が笑っているように思える。きみにとって星は笑うものだ!

昨日の夜

北陸某所では、この時期に七夕まつりが開催されて、結構盛り上がっている。
昨日が最終日だったようである。

昨日の夜は台風の接近の影響で、いつ雨が降っても不思議ではない状況だった。
異様に蒸し暑くて、帰宅時の徒歩30分は、まさに汗だく、滝汗であった。
さっさと雨が降ればいいのにと思っていたのだが、遠くから風に乗ってお祭りの音が聞こえてきた。
そこで思い出した。
今日は七夕の最終日だった。

雨がなかなか降らないのは、神様の計らいだったのだろう。
たぶん、お祭りは人と神様がともに楽しみ、交流する場だと思う。
神様も楽しみにしてくれていたのだろう。
私はこのイベントに参加することは無かったが、中止にならなかったようで、何となく嬉しくなった。
神様、ありがとう。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数