貴重なもの

ときどき、仕事の案件で前職場の人が現職場に来るのだが、どうも人材不足(というよりも労働力不足)らしい。
机に座って頭の先で四の五の言う人(大半は・・・残念)は多数いるが、実際に手を動かす人の数は限られている。

私はこれを『船頭多くして・・・(以下略)』と呼ぶ。

で、前職場の人が来るたびに私に言うのである。

一夢庵さん。こっちに戻ってきたい希望はないですか?

そのたびに『無いです』と即答するのであるが、その頻度の多さに少し引くのである。
機嫌の良い時には・・・

希望とは星の光のように遠くて小さいものです。
でもそれは、月のように欠けたり無くなったりはしない。
だから、希望を抱く者は暗い夜にその光を見続けなければならない。
俯く者にはそれを見ることはできない。


などと、わけのわからないことを言って、煙に巻くのである。

私のような下っ端サラリーマンは、会社の都合で『手品で出されてイカサマで消される』ような扱いを受けるのが常なので、さほど遠くない将来に呼び戻されるかもしれないと思っている。

期限は切られていないが、いずれはここを去らなければならない。それをリアルに感じている。
時間を意識しないと、時間の貴重さを思い知ることは無い。
私がここにいる時間が限られている。それをしっかり自覚することで、これからの私の時間はこの上なく貴重なものになったと思う。

前職場の人に対して、これまでの関係を考えると『どの面を提げて・・・』という気持ちは今もある。
一方で、私に『時間の貴重さ』をもたらしたのは、まぎれもなく彼らである。
そこは感謝すべきだと思う。

などと言ってみた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

詩人だねぇ

相手のぽかーんとした顔が目に浮かぶ^▽^

さらに
>『無いです』
の即答

小気味いいってぇのは、こういうことだね!^^b

GJ!

帰る時は給料二倍にするのが条件だわな。

Re: 詩人だねぇ

私が煙に巻くのは毎度のことなので、ポカーンはむしろ私のほうです。

何事もなかったように、そいうくるかね?

毎回思うのですが、なかなか慣れることができません。

Re: GJ!

ですね。

そうなると、2倍請求できるようにこっちもグレードアップが必要なので、さらに時間は貴重になります。
時間と言う富をもらったようなものです。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数