『態度』

『戦士!』のほうで『態度』について書いているが、終わり次第ロッド鑑定メニューにいれようかと思っている。
ただ、自分をよく観察して客観視すれば見えてくるものでもあるので、そちらの方が理想的ではあるが・・・。
ということで、鑑定メニューに入れるかどうか、正直なところ迷っているのである。
別に『拍手』を催促しているわけでは無いが、ひそかに決めた『拍手』の数を超えれば鑑定メニューにいれようと思っている次第である。

ちなみに私の『態度』は、昔は明らかに『皮肉主義』であったと思う。
かなりマイルドではあるが、私の両親は間違いなく毒親で、私は搾取用の子供であり、機嫌のいい時は愛玩用の子供であった。
だから、『皮肉主義』の態度は自己防衛であったのだと思う。
その後、家内に助けられて自己防衛の必要性がないとわかっていくことで『現実主義』に転じ、今は『理想主義』に変わったと思う。
ロッドでは未鑑定であるが。

このように態度は変えることができるそうである。

人は自分以外の何者かになることはできない
人は望むものになることができる。できなければ世界を変えればいい


『イコライザー』という映画でのデンゼル・ワシントンのセリフであるが、自分の本質は変えることのできないオーバールーフによって成り立っている。
なりたい自分がわかれば、『態度』を変えることで世界を変えることができるのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数