働くこと

何のために働くか。
それをはっきりさせてみると、打つべき手は見えてくる。

今、一緒に仕事をしているのは親子ほど年下の若者であるが、仕事をしながら話しているとそれが浮き彫りになってくるのがよく解る。
今も昔も、私は自分よりも若い世代から学ぶことが多い。
私から学んでもらえるようなことはあまり無い。あるとしても『反面教師』の領域に属することが多いように思うのである。

齢相応の自覚がなくてスマン。
いつも思うのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数