スポーツを捨てた理由

私は若い頃には手当たり次第にいろんなスポーツをやって楽しんでいたのであるが、ある時期からまじめにやるのがバカらしくなり、次第に離れ、捨てたのである。

下記リンクは、時々お邪魔するサイトの記事である。
http://soul-growth.sblo.jp/article/178991123.html

もともとスポーツにつきもののように存在する勝ち負けにはほとんど興味がないのである。
あるとすれば、勝ちの向こうの賞品であったり、勝てば次の試合ができるということである。
間接的に勝ちにこだわっていると言われればその通りではあるが・・・。

突き詰めると、勝負そのものよりも相手とのつばぜり合いが楽しくて、予想外のことをしかけてくる対手に『すげー!』と思い、さらに相手を驚かせてやろうといろいろと仕掛ける。それが面白くて仕方なかったのであるが、いつのころからか勝ち負けにこだわり、勝つために手段を択ばないような手合いが身の周りに増え始めたので、やめてしまったのである。

今思えば、その当時の自分の心の在り方が反映していただけなのであり、状況によっては自分も勝ちにこだわる人になっていたのだろうと思うのである。

そう思っていた先日、北陸某所のランニングのイベントに参加することになったのである。
真面目に走るのは久しぶりである(十年ぶりどころではない)。
とても気が重いのであるが、それ以上に体が重いのである(物理的に)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数