汝の敵を愛せよ

正直なところ、無茶振りである。
私に喧嘩を売りたいのなら、買ってやるのが礼儀と言うものである。
その上で分かり合えるならそれに越したことは無い。

などと思っている私である。

昨日、所用で外出した時のことである。
概ね、どこにでも徒歩と公共交通機関で移動するのであるが、暇だったので1時間ほど歩いて目的地まで移動していた。

歩きながらふと頭に浮かんだことである。
いわれの無いことで嫌なことをする相手は、そのことでカルマを積むことになる。
いずれそれを返すべき時が来る。
同時に自分のカルマを返すときであるのかもしれない。
自分のカルマを解消するためにの協力者である。

そう思うと、嫌なことをする相手には感謝せねばなるまい。
これからは、感謝を込めてぶん殴ろうと思うのである。

ちょっと違う気もしないではないが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良いと思う

「有難う!」と叫びながら、みぞおちに一発。
相手は分けが分らなくてウロたえるだろうから
さらに一発。
負け無しですな♪
(ぜひ見物したいものだ)

みぞおちは・・・

みぞおちへの一撃は地獄の責め苦なので、カルマを作るかもしれません。
肝臓への強打も然りです。

ここは顎先をかすらせて一発撃沈を目指したいところです。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数