見える人?

20年ほど前のことである。

当時の私は今よりも思考力持理解力も無く、何よりも自信がなくて自分を守るのに精一杯だったと思うのである。
当時の私は、それを自分の母親の所為にし、子供の頃にひどい目にあわされた苛めっ子たちの所為にすることしか知らずにいた。
その頃に、別の件で家内の実家から紹介してもらった四柱推命の鑑定家がいて、この時期になると翌年のことを鑑定してもらっていたころを覚えている。

おそらく当時の私は自信の無さが透けて見えていたのだと思う。それを隠そうとして精一杯虚勢を張っていたのも丸見えだったのだと思う。

あんたの生れは、ええ星やで~

行くたびにそう言われていたのである。
そう言ってにこにこされていたのを今でも覚えている。
今でも変な虚勢を張っていないかどうかは自分でもわからないが、それでも何とかやっている。

ある時、そこで言われたのが

あんら夫婦は、いずれ別々に暮らすことになるように思う。
あんたは、若い人に囲まれて一人で暮らしていると思う。

という事を唐突に言われたことがあった。それは離婚するということかを聞いてみると『う~ん、わからん』とのことであった。

今、北陸某所で単身赴任している。
自分よりも若くて優秀な人に囲まれて、それなりに親しまれて楽しく働いている。
『予言』の通りになったようだが、自分の在り方次第では離婚されて孤独に暮らしていることもあり得たと思うので、多少はマシな人間になったのかと思う。
別段、自分の境地を高めるとか、波動を上げるとか、そういう努力はしていないと思うのであるが、自分の利害とは別のところで自分のやるべきことをやって暮らしている。それが少しでもまともな方向であればいいと思うのである。

今思うのは、定期的に聞かされていた『あんた、ええ星やで~』が、忘れたころに潜在意識に届いていたのかもしれないが、少しは自分の弱さを直視できる方向に進んできたのかもしれない。

などと思いつくままに書いてみた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんて誠実な

占い師なんだろう
ちょっと感動した^^

出た卦を読み取って
それをそのまま相手に伝える

それ以外は正直に「分からん」と伝える

分かってないのに、勝手な解釈を付ける占い師より
むしろ信頼してしまうかも、かつきちの場合^^;

Re: なんて誠実な

どっちが本職だったのか知らないですが、建築士もされていたようです。

四柱推命の鑑定とともに『わしの霊感では・・・』と言いながら感じたことを言うのですが、それが後になってかなり鋭いことを言っているのに気付かされることが少なくなかったです。

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数