精度

『精度』と言う言葉に対して、一般にどのようなイメージが持たれるのだろうか?
私の推測では、『正しい値を正確に示すこと』のようなイメージが多数派ではないかと言うことである。

例えば、温度を測定するときに温度計を使用するのが一般的だと思うが、温度そのものは測ることはできないので、他の値を測って温度に変換するのが一般的である。
例えば科学の実験などで使う『アルコール温度計』や体温計などでも利用される『水銀温度計』は、ガラス管に封入された液体が加熱/冷却されたときの膨張率を温度に換算したものである。
余談だが、アルコール温度計の中身は、昔はアルコールが主流であったが、着色が消えやすいため、現在は炭化水素が主流だそうである。
また、デジタル式の体温計などは金属の抵抗値が温度に依存して変化することを利用したものである。

さて、精度である。
ある温度計が、25℃の水の温度を測った時、Aは50回測定を繰り返した時の値が25±1℃の範囲内、Bは27±0.2℃の範囲内に分布するという結果が得られた場合、精度が高いのはどちらだろうか?

正解はBである。

意外に感じるかもしれないが、これは定義の問題である。
では、より正確度の高い温度計はどちらかと言えば、間違いなくAである。そして、真の値との差である2℃は、確か『系統的誤差』というのだったと思う(うろ覚えなところが、ニセ科学者である)。

これらは、『精度』と『正確性』の定義の問題である。

『精度』とは、繰り返し測定しても測定値のバラつきが少ないことを指し、『正確性』とはより真の値に近い測定値を示すことを指す指標である。

さて、私は『鑑定料』という形で『謝礼』を頂いてロッド鑑定をすることがある。

話はそれるが、鑑定に対して、お礼やご感想のメールをいただきながら、すべてに対してお答えできていないのを心苦しく思っていて、この場を借りてお詫び申し上げます。間違いなく読ませていただいており、大いに参考にさせていただいております(感謝!)。

話を戻そう。ロッド鑑定について、私は『精度の高い鑑定』を目指していますが、ほとんどが面識のない方からのご依頼であることから、『正確性の高い鑑定』については目指す術が無いのである。
従って、温度計Aの2℃の系統的誤差については、ご依頼者様自身が考察するのが最も良いと思われるのである。

くれぐれも、鑑定結果を鵜呑みになさらないように、このようにお願いしたい次第なのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ!タイムリー!

講談社のブルーバックスで
『経済数学の直観的方法 確率・統計編』
てのが最近出て買った

ぱらぱら眺めただけでまだ読んでないけど^^;
目次眺めても楽しい
「なぜ標準偏差の計算には「2乗」がでてくるのか」とか

偏差と分散を考えたら、確かにBの方に軍配が上がるのかなぁと

Re: おぉ!タイムリー!

統計的にはBのほうが良い評価になると思いますが、個人的にはAのほうが好きですね。
たまに旧職場でA、Bどちらがいいかという議論があったんですが、頭でっかちの連中が議論しているところに、『50度を超えると急激に爆発のリスクが増大する。そういう場合にどっちを使うべきか、そういう観点で話し合ってもらえないだろうか? あなた方が議論している温度計の用途はまさにそういうモノだから』とコメントしたら、みんな無口になってしまいました。

良く理解出来ないが

賢いことを書いてることは分った。





(居るだけ)

Re: 良く理解出来ないが

言いたいのは最後の一行だけです。

長すぎる前ふりで、却ってわかりにくくなってしまいました。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数