全く覚えてない

『シャーマンの杖』が来て以来、毎晩はっきりとした夢(総天然色)を見ているようである。
見たという事実は覚えていて、『風の声を聞く男(たぶん)』と何か語り合っている(ほとんど教えられている)夢だということは覚えている。ある日などは、同じ事象に対する複数の映像を見せられて、そこに出てくる人やモノに隠れた偽りを見つけるというトレーニングをしていた(そこで何かをマスターした?)と言うことを覚えている。

だがしかし、肝心の内容は覚えていない。
不快睡眠状態から半覚せい状態、そして目を覚ますまでの間に具体的な記憶が消えていく。
砂に水がしみこんでいって、水があった痕跡すら消えてしまうような感じである。

などと言いつつすっかり忘れている状況である。

以前私は、何に対してもやみくもに反省をしたり、自分が至らないと自分を責めて戒めるということをやめようと決心したのである。
だから、忘れてしまったことについては、何か意味が有るのだと思うことにしている(自分のアホさ加減に関連することは無視である。そこにも意味が有るはずである)。

そして思うのである。
顕在意識の上では忘れてしまったのではあるが、潜在意識には刻み込まれているはずである。
その記憶は必要な時が来れば蘇るはずである。

そのように思うのである。
半ば強引にではあるが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とりあえず

思いだせ~、思いだせ~と自分に言い続けていると
ひょんなときに、ひょこっと思い出すこともあります
かつきちの場合

たいてい、トイレでふんばっている時
出た~^^v

Re: とりあえず

最近、思い出そうとするような努力をすることもなくなってしまいました。

『風の声を聞く男』の一連の記事を書くときの状況がわかりやすいのですが、必要な時に戻ってくるようです。
出るべき時には踏ん張らずとも、垂れ流し状態です。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数