風の声を聞く男⑥  たぶん最終回

今日の昼過ぎに、続きが浮かんできた。
早く出してほしいと言わんばかりに頭の中で飛び回っていたようであるが、あいにく今日は8時前まで仕事をしていた。
風呂に入り、ロッドの依頼鑑定を済ました後、ようやく晩飯ができた。
今食べながら書いている。
行儀が悪いのだが、食べ終わるまで待ってくれそうにない。

風の声を聞く男の夢はこれで終わりのようだ。
だがわかるのは、彼がシャーマンを受け継いだ後、戦に長けた部族に滅ぼされる運命にある。
シャーマンから受け継いだ力によって、侵入者の気配を感じたのだが、風の声に異常はなかった。
明日まで様子を見ようと思ったその夜に攻め込まれたのである。
巧みに風下に回られたためである。
風の声を聞く男の耳は、異能の力と言ってもよいほどのものである。
異能の力を持つ者は、どうしてもその力に頼る癖がついてしまう。
そしてその結果、部族は根絶やしにされた。
そして、これは神の長が決めたことである。

そんな内容のことが頭に浮かび、あの日の夢に立ち返った。
あの、深い喪失感とともに目覚めた夢に・・・・・

私は光あふれる部屋の中に立ち、私と向き合っている。
正確には上位の私と向き合っていたのであり、まわりが光に満ちていると見えたのは私の次元よりも高いものばかりで光にしか見えないということらしい。
上位の私は、風の声を聞く男の世界では『神の長』と呼ばれている。
先ほどから上位の私がやっているのはRPGのようなもので、そこには風の声を聞く男の世界があった。
上位の私は、風の声を聞く男の行動について、『風の声に異常がないことから、一日様子を見る』と言う選択をした。

なぜその選択をするのだ!?
部族の皆とは永久に会えなくなるというのに!
なぜ? なぜ? なぜ? ・・・



あの日、ここで目が覚めた。
でも続きがあったのを全く覚えていなかった。
あるいは改めて今日の明け方に続きとともにもう一度見たのかもしれない。

・・・ なぜ?


上位の私が言った。
『何度も生まれて何度も死に、すべてを身に着けた時、お前や部族の皆の魂は一つになる。物質界の尺度では永遠に感じるかもしれないが、永遠ではない』

『部族の守護神は大地に姿を変えると同時にその魂を解き放ち、部族の者たちの魂とともに長い旅に出る。もう一度一つになるまで、部族の者たちを見守り続ける』

『守護神の魂を解き放つ役割を与えられるものは、人一倍強い魂でなければならない。その悲しみや苦しみで粉々になってしまわないために』

『お前の魂はようやくそこまで育った。でも予想以上に部族を失った悲しみが深く食い込んでいる。手放すのだ。お前が手放さない限り、その悲しみはお前を苛む。お前と同じ部族にいたものも少しだがさいなまれる。』


この世界には、遠い過去に離れ離れになってしまった部族の者たちの、無数の魂に満ちているのかもしれない。
わからないだけで、見えないだけで、気付かないままに仲間に囲まれているのかもしれない。
そして、いつの日か・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「恐ろしいもののカタチを ノートに描いてみなさい
そこに描けないものが 君たちを○すだろう」

かつきちの敬愛する詩人の一節です

魂に食い込んでしまっている哀しみはやっかいだね
現世に生きている人の言葉は到底届かない

「涙の海」というものがあるらしい
地上で流された涙がたまってできたものらしい
涙の海の海鳴りに
心さらわれることもあろう
我に帰ることもあろう
かつて”風の声”を聞いた君ならば

いやぁ、コメント欄にもNGワードってあるのね
びっくし^^;

Re: No title

マジで恐ろしいです。

何かに夢中になっているときは良いのですが、何もすることがなくのんびりしていて不意打ちで襲われると立ち直るのが難しいぐらいの打撃を受けます。
一連の記事を書くきっかけになった夢を見た後、数日ほど寝るのが怖かったことを覚えています。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数