風の声を聞く男①

俺の名前は『風の声を聞く男』、と言ってもシャーマンになってからは名前を捨てたので、正直言って自分の名前と言う感じがしない。
本当は私たちの言葉で名前を言えばいいのだが、お前たちの文字では書き表すことができないのでお前たちの言葉で話すことにする。そもそも、いろんな言語と言うのは物質界だけのものだから、本質が伝わればそれでいいのだ。

なぜ文字で表わせない言葉があるって?
例えば私が手をたたくとその音をお前たちの言葉では『パン!』と書くだろ。でもその音だけを聞きながら誰かが頬を叩かれる映像を見たらどう聞こえるかな? 『パシ!』などと聞こえるのではないかな?
言葉と言うものはそんなものだ、自然の音を言葉にしたとたんに言葉の次元の落ちてしまうんだ。


その男が夢に現れたのは、問題集Q10-10の答えを書こうと頭を捻っていた頃である。
そして、その男がシャーマンになるまでのことを問題集の解答とした。
それで終わったと思っていたのであるが、そうではなかった。
続きを見たようだが、断片的にしか覚えていない。
辛うじて覚えていた断片も、半覚せい状態から完全に目が覚めるまでの間に記憶から消えてしまった。
手のひらにすくった水が、指の間からこぼれるように。

多分、一昨日(日曜日)の明け方に最後の部分を見たのだと思う。
例によって、内容は頭から消えてしまった。
残ったのは、大きな喪失感と、激しい悲しみの感情。
おかげで3連休の後半2日間。深く心が沈んで何をする気も起らなかったのである。

今朝、何とか心を立て直して会社に向かう途中のことであった。
近づきつつある台風の影響か、いつもの秋の雨かは定かではないが、強い風を伴う雨の中、BLUNTの大判の重い傘をさして歩いているときだった。消えてしまった夢の断片が少しだけ蘇ってきた。
残念ながらメモをとるために雨宿りする軒先もなく、風をさえぎる壁もない、だだっ広い田んぼの何中を歩いていた。だが今度はそれなりに頭に残っていた。消えてしまった部分は書き進めていくうちに思い出すかもしれない。

帰宅したら早速書き始めようと思った。部族一の戦士『石の拳』(同じニックネームを持つ有名なボクサーがいたが、『風の声を聞く男』の言うところによると、彼の前世らしい)のことや父『馬の友達』、そして部族が消えてしまった時のことを。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おや

Q10の出題がまた重要な前世を思い出す切っ掛けになった
ようですね。
結構ケッコウ。

Re: おや

思い出しながら書いていて、どこまでがオリジナルの夢で、どこからが思い出しながらの創作かわからないので、ロッドに聞いてみたら、『創作と思えるような部分も、思い浮かんだまま書いているのなら、それは潜在意識から戻ってきたものである』と言うことだそうです。
なので、思いつくままに書き進めていこうと思います。

新たな展開

そうそう、言葉ってほんと難しいよね
「言葉化」することで、はっきりと意識化できる一方
「言葉化」することで、こぼれ落ちていってしまう何かがある

ということで、支援( ・ω・)つ

Re: 新たな展開

あざーっす!

面白い

情景がありありと目に浮かぶようです。

かつきちさんの意見にまるっと同意。
「言葉化」することで、はっきりと意識化できる一方
「言葉化」することで、こぼれ落ちていってしまう何かがある


ほんとその通り。書いてても
(あ〜、こんなんじゃないんだけどなあ〜)
と、しょっちゅう思う。

Re: 面白い

たぶん、時間と同じく言葉も『物質世界に特有なもの』何だと思います。
だから言葉になったとたんに物質的な側面だけが残ってしまうんだろうと思います。

壮大な風景を得にしたとたんに奥行きを失うようなものだと解釈しています。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数