げんをかつぐ

戦国時代の活躍したいくさ人は、古来よりげんをかつぐ者である。
命がけの戦に出るのだから縁起の悪いものは避けるのである。

この後、学会出張のために四国まで出かけるのである。
午前中まで出社し、いったん帰宅して出かけるのであるが、朝は晴れていて帰りは雨。
雨に降られるのは縁起が悪い。

などとは思わずに、桂 米朝 師匠の落語の一節を思い出した。

正月の挨拶回りに丁稚を連れて出かけた主人であるが、ことあるごとに縁起の悪いことを言う丁稚にいちいち注意をする。
挙句、雨が降り出して帰宅をする。
出迎えた番頭に 『縁起が悪い、振られて帰るとは!』
とこぼしたところ、番頭が答えた。 『雨に合われたのですか。祖は縁起が良い』

主人 『雨に降られるのが縁起が良いと申すか!』

番頭 『へえ、(鶴をもじって)降るは千年 と言います』

主人 『なるほど、降るは千年とな』

番頭 『(亀をもじって)雨は万年 と言います』


そして、さらに思い浮かんだのは昨日観たDVD 『イコライザー』の、デンゼル・ワシントンのセリフ

人はなりたいと願うものに、きっとなれる。それができないなら、世界を変えればいい。

この映画、とても気に入りました。デンゼル・ワシントンは相変わらずデンゼル・ワシントンだし、クロエ・グレース・モリッツは相変わらず可愛いし。

で、オチとしては縁起などは所詮そんなものだから都合よく解釈すればいい、世界は自分の意識のあり方次第でどんなふうに出も変わるのである。

では、気分よく出かけるとするのである。


あと、ロッドをご依頼いただいている方、ご依頼意を考えておられる方へ
申し訳ありませんが、ロッドが荷物に入らなかったので、今週末までロッド鑑定をお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくご了承ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うまい!^^

かつきちの実家が最後に引っ越しをした夏
最初は晴れていたのに、途中から雨が降ってきた

これまで、何度か引っ越しを繰り返してきた一家だが
雨に降られたのははじめて

おふくろがそのことを残念がっていたところ
親戚のおばちゃんが
「あら!いいじゃない!雨降って地固まる、よ」
と、こともなげに言い放つ

子供かつきち
言葉のすごさ、ことわざのすごさを
感じ始めたヒトコマです^^v

Re: うまい!^^

一夢庵オリジナルじゃないのが残念ですが、さすが米朝師匠です。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数