旧職場の面々①

先日、旧職場を含む事業所関係者で、有志(要はお盆休みで帰省したうちの暇人)が集まって飲む機会があった。
お開きとなった後、隣の部署にいた後輩とさらに飲みに行った。
旧職場を含む部門はそのままほかの事業所に移転したのであるが、その近況を聴くことができた。

後輩の上司は、私の眼には権力志向が強いと映っていたのだが、その本性を現したらしい。
かなり働きにくいそうである。
状況を説明しようとする後輩をさえぎり、思い浮かぶままに推測を述べた。

後輩は『誰かから聴いたんですか?』と瞠目していたが、『そもそもそっちに、そんなことを俺に知らせてくれるような奴がいると思う?』と聞くと、『いる訳無いですね』と答えていた。

その後輩は、そこの部署の他のメンバーと比べると格段にものを考えて生きていたようではあるが、その上司の本性を薄々気づきつつ、そこまでは酷くないと思っていたそうである。
ついでに、数名の名前を上げて『こいつら、犬になり下がってるんじゃないか?』と聞くと図星だったようである。

いずれ、この犬たちも食い物にされるだろうから、耐えられるのならつかず離れず、距離を保っておいたほうが良い。
俺みたいに喧嘩を売る必要はないが。


そう言っておいたのであるが、その先は私の知るところではない。
私は、まわりすべてと戦うしか方法を知らず、その結果今の場所にいる。
彼には彼の進むべき道があり、戦場があり、ふさわしい戦い方がある。
私にできるのは幸運を祈るしかないのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数