女子バレー

チームプレーのスポーツを見るのが好きなのである。
各個人の動きとともに、組織としての動きを考えるうえで興味深いネタを与えてくれるのである。
昨日の男子サッカーで、ナイジェリアのゴタゴタが、日本対策として意図的にやっていたとしたらたいしたものである。

さておき、今日の女子バレーはエースの差だろうと思うのである。
エースは得点力のあるだけんぼ選手ではない。鍵となる局面でチームを鼓舞できる人であるべきである。
そこの差がはっきり出た試合である。
木村は、得点を決めた時にもっと大げさに喜びを表現するほうが良いと思うのである。

かつて、私がエースアタッカーだった頃はそれを意識してプレーしていたのである。
おかげで、ライバルチームからは、『デンジャラスなやつ』というイメージが定着して、普通にしているときなど

『え? 一夢庵(リアルでは本名)って、まともなやつだったんだ。』

などと言われる始末であった。

私のいた、しょぼいレベルでは『ほどほどにしとけよ』であるが、オリンピックレベルではリミッターを振り切ってもいいのではないかと思うのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数