問題集10 ⑨

46番、53番の質問への回答です。
結論から言うと、ロッドの結果の当たりはずれには全く興味がなく、ロッドの結果を疑うぐらいならロッドを止めたほうが良いとすら思っていました。ただ、どうしても疑う心は生じてしまうので変則的な動きにしてほしいと願って、今はそうなっています。

ロッドを始めた時、完全に自分の趣味でやっていて、タダで受け付けていた時期もありました。
当たっても外れてもタダなので気楽にやっていました。

その時の体験の影響をあるかもしれませんが、ロッド鑑定が『当たっているか外れているか』はあまり気にしていません。
むしろ興味がないといっても過言ではないともいえます。
自分のロッドを信じることができなければ、ロッドをする理由は無いと思います。

その後、鑑定料をいただいてロッドをすることに踏み切ったのは、ロッドで何を見ているのかと言うことの定義が固まったからでした。
ロッドで見るのは『答えそのもの』ではなく、『自分の潜在意識に移ったものを読み取る』と言うことだと考えています。
だから、顕在意識や思い込みなどのノイズをどこまでそぎ落として正確に読み取るかと言うことに集中しています。
だから、鑑定結果に何か齟齬があれば、私の潜在意識に投影される時点で何か合ったのだと思います(他人の意識なので、齟齬がないことは極めて珍しい)。そこを問い合わせていただければ理解が深まるきっかけにもなります。

以上で答えになっているでしょうか?
さらにご質問があればメールフォームからお願いします。


あと、2番の方。こういう考えでは割り切れないでしょうか?
時間と言うものがあるのは、『魂のチャート』によると、この物質界だけだそうです(時間の流れや物の善悪などは、この世界のローカル・ルールだと考えていたので、個人的には納得しています)。
そう考えると、別に同時期に体積体験のある前世があることや、未来から過去に転生することも不思議ではないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今さらですが、回答ありがとうございます。
あんまり精度に拘ってはイケないですね。
回数をこなしつつ、ロッドと仲良くなって、質問を多角的に出来るようにしてみます。

Re: タイトルなし

イケないことは無いと思います。
精度は高いに越したことはありません。

ただ、初めから精度に走ってしまうとどうしても硬くなって萎縮してしまうと思います。
その程度の個人的な考えなので、これが正しいわけではありません。

ロッドとともに進む道はご自身で見つけるものなので、気楽に探していけばいいと思います。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数