EU

主要な国が離脱するのは数年先と見込んでいたのだが、予想以上に早かったと思うのである。
そもそも、EU発足時から賛否が入り乱れていたのではなかったかと思うのである。

個人的にはヨーロッパは一つにまとまるのが良いと思うのであるが、今のまままとまっても調和よりも主義主張のほうが優先される土壌ではいずれ破たんするのは目に見えているのである。
EUも早晩破たんするだろうと思うのである。

それを繰り返して、より高い形で一つになれば良いのである。

と言うことで、

手放せ、EU

である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヨーロッパの地図に

日本地図を重ねてみると
日本はとても大きいのが分ります。
ヨーロッパの国々は王族同士が姻戚関係を結んで平和を
維持することからも分るように、ほぼ同じであると言える。
日本の北(青森)と南(沖縄)の言葉が全然違うように
ヨーロッパの言語も基本は同じで、見掛けが違うだけ、と言えます。
つまり
ほぼ同じであるが、個々は違う。
ヨーロッパ人はサヌキなので別れよう、分れようとする力が常に
働いていますね。
日本は島国だし事情は違うが、やはり一緒になることは
アワのタチであると言えます。
日本人がひとと親和するのはそのタチからして簡単だが
ヨーロッパ人にとっては少しの差異であっても
一緒に居るのはタチに反しているので苦痛であると思います。


一夢庵さんが言う通り、そのタチを超える必要が有る。
好みにふけらず、ここは大同団結しないと
世界の中で競争には勝てませんね。

Re: ヨーロッパの地図に

だから、欧米の国っていつも仮想敵が必要なんですね。

これまでにお借りした歴史映画の戦闘シーンで、高度に組織化された闘い方をするのですが、これは敵がいるからこそできることなんだと思います。

だからと言って、アワの質の日本のほうが良いという単純なことでもないので、難しいですね。

北米インディアンが

ヨーロッパ(主にイギリス)から来た蛮族にあのような目に遭ったのはその時までに国家を作っておかなかった、国を統一していなかったからですね。王様が居ても戦士が無い国とかw簡単に欧米列強にやられて植民地にされてしまいました。アフリカ人は奴隷にされてしまった。

唯一アジア(アフリカ、オセアニア入れても)でそのようなことにならなかたのは日本だけです。それは戦国時代に信長が天下統一を目指していたからだと思います(超簡単に言ってます)。
自分が一番になりたいからではなく、戦乱の世に終止符を打ちたかったからですが、その結果日本は江戸幕府に統一され来るべき日、つまり黒船来航に備えることが出来たのですわ。

もし日本がその時までに統一国家になっていなければ。。。歴史のifですが北米インディアンほど簡単にやられなかったとしても混乱を極めたことでしょう。最悪植民地になっていたと思います。
戦国時代は必要だった、と思います。
そしてその後の260年間に渡る平和な時代に日本の精神や心、文化を熟成することも必要だったと思います。全ては「巧く行った」わけです。
先人たちのお蔭だとしか言いようが有りません。

日本が戦国時代を経験せず世界中の優しい民族の国(発展途上国)
と同様な暮らしをしていたら、今のような日本は無かったことでしょう。

Re: 北米インディアンが

なるほど!

そうしてみると、歴史って奥が深いですね。
信長はきっと自分のするべきことをきちんと感じ取っていたんでしょうね。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数