一夢庵 欲に目覚める

とりあえず仕事が一区切りついたのである。
前職場でこの仕事を任されていたのは、畑違いの専門分野のど素人であった。
要は学歴である。

そして比較的低学歴の癖に真っ向から議論を仕掛けて、誰も反論できないのである。
比較的低学歴とは言え、自分の専門分野で、現場での経験も豊富だから当然である。
結果、煙たがられてどんどんわきに追いやられていたのである。
それでも義侠心で、助言と陰働きを続けていたのである。

今更、子会社で完全にその仕事を任されるのも何なのではあるが、取り組んでみて気付いたことがある。
義侠心とは言え、只でやることには限界があり、やる方も受けるほうもそこそこの真剣さしか発揮できないのである。
久々に、深く真剣に仕事したのである。
やはり、真剣に仕事をする以上は只ではいけないのである。
無欲は良いことと思っていたが、それよりも良いのは適度な欲を持つということではないか?
などと思いつつ、それなりに成果が出たので、給料が上がれへんかな、などと思っているのである。

私に求められているのは、今のこの仕事をこなすだけでなく、若手や中堅の育成も含まれている。
そして、ここに来てわかったのは、いくら努力しても自分と同じレベルと質の仕事は受け継がれないということである。
言葉で伝わるの物は良いが、伝わらないものはどうしようもない。
見方を変えると私とは違う方向で質の高い仕事も生まれてくるかもしれないのである。

マルクス・アウレリウスや幡随院長兵衛について、自分亡き後の世の中の流れを見て、さぞ無念であっただろうと勝手に思っていたのであるが、もしかすると彼らの亡きあとの展開から、自分の手の及ばない未来のことについて取り越し苦労をせずに手放すことを学ぶというのが、これらの前世からの課題であったのかもしれない。
などと思いついた次第である。

この思い付きがどうなのか、これから検証していこうと思うのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エピキュリアンでいいんじゃないかな

かつきちはもうエピキュリアンで行こう!
と思ったり思わなかったり^^;

Re: エピキュリアンでいいんじゃないかな

意志の弱い私は、一歩間違えると好みにふけることになるエピキュリアンは危険かと思って全力で逃げていました。
久々に試してみるのも、乙かもしれないですね。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数