今思い出した

お話会の当日、小心者の私はバスの中であることについてサインが欲しいと念じてみた。
前にも同じようなことについてサインが欲しいと念じたことがあったのだが、バスの窓からふと外を見た時に、その時に思い浮かんだサインが見えた。
『ありがとう。でも今回は☆をサインとして見せて欲しい』
そう思っていたが、一向に☆は目に入らなかった。

遅刻して、一瞬道が判らなくなりながら、何とか冷静さを保って会場につくと、私の名札に☆型のシールが貼られていた。
完全に普段の自分に戻ることができたのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あ、そっか

あらかじめ、自分でサインを決めるって方法があったんだよね

かつきちは「これはサインなのかどうなのかー」とまず悩み^^
「サインだとしたら、どういう意味なのかー」とさらに悩み

神様との割り符みたいなのを決めちゃえばいいんだね
(で、その割り符のデザインにまたまた悩むかつきち
いわゆるひとつの”業が深い”ってヤツか^^)

Re: あ、そっか

ロッドもそうですが、私はついつい我流のやり方をしてしまいます。
これが正しいのかわかりませんが。

この件は、今回のようなパターンが多いです。
サインの対象はサインを出しつつ私を弄って遊んでいるような気がします。
何となく楽しげな空気を感じたりもします。

★のマーク

★のマークはスタッフの名札に付けました。

Re: ★のマーク

それが見に飛び込んできて驚きました。

サインを決めた時に頭に浮かんだのと同じ色だったのでさらにびっくりでした。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数