過去を清算する時期なのか?

一昨日、私が帰宅した後に私宛の外線があったそうである。
昨日の午後にも同じ相手からの外線があり、取り次いでもらった。

過去の一時期に仕事でかかわった会社ではないが、仕事に関係があっても不思議ではない会社の人である。
その会社の人からコンタクトを取ってくることについて、身に覚えがないとも言えるし、身に覚えがありすぎてどれかわからないとも言える。

一体、誰?

電話に出ると仕事の電話ではない。
学生時代にやっていた某競技のクラブの先輩であった。
私の前にエースだった人で、私はその人の背中をいつも追いかけていた。
その人は、私を時々面白半分にしごいたことがあったらしく(私は気づいていなかった。あほである)、ずっと気にかかっていたそうであるが、これまで意識の外に追いやっていたようである。先日、仕事の出先で私の次にエースだった後輩にばったり会ったそうで、懐かしくなり、私のことを思い出して気にかかっていたことを思い出したらしい。

しかし、私が北陸某所にいることを知るにはかなり手がかかったようである。
私とアクセスをとること自体にそんな価値があるとも思えないのである。
目的はよくわからないが、その辺の過去を清算する必要があるのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数