一夢庵 限界を思い知る(その① 爆走編)

昨日は年度末の人事異動に絡んだ送別会であった。
酒を控えようと思って飲み会に参加し、心ならずも大酒を飲む。
意志薄弱な俺である。

だが、かねてより今日は自転車で出かけることに決めていた。
暇なときは自転車に乗り、早く元を取りたい。
そんなせこい思いが背景にあることは言うまでもない。
そして、珍しく2次会に突入せずにさっさと帰ってきたのである。
部屋には何故かジャックダニエルが1瓶あり、ifさんからいただいた鮭とばもある。
その誘惑をも振り切り、さっさと寝たのである。

今日は朝から快晴。少し寒いのが難点だが、出かけることにした。
先々週に走った湾岸サイクリングコースの逆側の終点を目指して、片道80kmほどのコースに挑んだ。
CA3I0082.jpg

上に見える橋の車道の下の階に歩道があり、そこをトボトボ自転車を押して歩くという難関を突破し(帰りに無料の渡し船があることを知って愕然とした)、ひたすら東に向かってペダルをこぎ続けた。
CA3I0083.jpg

海岸沿いに走り、向こう側に見える山のふもとあたりまで走ったのであるが、途中でホタルイカの産地として有名な漁港の横を通り、イカ臭い空気を堪能した。これでごちそうさま状態になってしまったのか、徐々に失速。
帰りのことを考えると、目的地を目指すのを断念した。

持参したおにぎりを完食し(米1合相当)、一路自宅へ!
クッション入りのアンダーパンツを入手したとはいえ、やはりケツは痛い。
花粉の影響で鼻が垂れる。
それでもこの景色には力づけられるのであった。
CA3I0084.jpg

どうにかこうにか、行程の約半分を過ぎたあたりで、今までとは異質の振動をケツに感じたのである。
後輪がパンク・・・。
最悪のパターンである。
タイヤチューブを交換するのであるが、そのためにはタイヤを外す必要がある。後輪となるとハードルは高い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おじゃましてます

今夜、北陸某所に参りました。
友人の墓参りがてら、味覚など味わいに^o^
先ほど早速ホタルイカの刺身を頂きました。
いや〜、うまい!
この地、この時期ならではの楽しみですね。
匂いだけ、はご勘弁ですね。
タイムリーな記事でした!

続きも楽しみにしてます〜
(明日は何食べよう♩)

Re: おじゃましてます

やはり、臭いだけでは寂しいので、昨夜はホタルイカを買い求め、堪能しました。

北陸某所は海産物がおいしくて、米もおいしい、お酒も美味しい。

ガスエビも旬ではなかったかと思います。
甘みとプリッとした食感がたまりません。

あと、『げんげ』と言う魚ですが、元々は『下の下』の魚と言うのが語源という説もありますが、今は『幻魚』と書いて『げんげ』と読ませる店もあります。
痛みやすいのか、他県には流通してい無いようで、から揚げにしたものを食べたことはありますが、結構いけます。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数