願望実現は前世を連れてやってきた

始まりは『鮭とば』だったのかもしれない。
ifさんがらいただき、存分に味わった後のことである。

次に来たのは誕生年のコインをいただいた。ドイツのコインであった。

で、自転車を買うことになったのである。
ドイツのロードバイクで、一目見て気に入ったものである。
安いものではないので買う気はなかったが、旧モデルの処分価格で買う気になったのである。
元々は黒が良かったのであるが、赤しかなかったのであるが、赤もなかなか良い。
自分に『楽しむことを許すこと』、『ドイツだし』そう言う言い訳の下で購入した(生まれ年のコインが運んだ幸運?)。

前回の問題集で挙げた前世の一つが『古代中国北方の騎馬民族の戦士』と言うのがあったが、私は子供の頃から自転車で疾走するのが好きで、走っているときのイメージは『馬に乗って砂漠を疾駆する姿』であった。
そのことを思い出して頭に浮かんだのが、三国志に登場する武将『呂布』であった。

呂布は騎馬民族の血を引いているらしいから、前世かもしれない。
なら、赤いロードバイクは『赤兎馬』だな。
『赤兎馬』と『鮭とば』は似てるな。


などと思ったのであった。

ご存知の方も多いと思うが、呂布は強いが、アホで思考力が低く、利用され、欲に流され、悪玉として人生を終えたのである。
今世では思考力を磨いて(要は、脱アホ)世に役立ちたいという思いがある(とロッドでは出た)。
私には、自転車にまつわるトラウマがあり、それを本格的に癒すときが来たのかもしれない。
それに合わせて呂布の前世が発動したのかもしれない。

この先、どんな展開があるのか、今のところ未知数であるが、楽しみである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鮭とば

鮭とばは北海道の名物で、子供の頃から食べて来たのですが
最近、日本酒のつまみに「やはりこれが美味い」ってことで
アマゾンで取り寄せるようになりました。
ところが鮭とばには様々な種類があり、或る時、味が薄いのが来た。
それが本来の鮭とばであり、他の製品は味付けがしてあって柔らかい。
私は濃い味がいいので薄味の鮭とばは関西人なら美味しく感じるかと思って
(不味いものを)一夢庵さんに押し付けた、というわけです。
もし、それが無ければ(薄味のを買わなければ)一夢庵さんには鮭とばは
行かなかったと思うし、一夢庵さんがブログに「今夜は日本酒」とか書いてなければやはり送らない。そう考えると、何が一番の原因なのか理由なのか、起きた順番は?と、不思議に思います。とにかく私もついでに面白い体験をさせてもらいました。

Re: 鮭とば

原因をさかのぼっていくと気が遠くなるぐらいいろんなものが絡み合っているようで、とても面白いですね。
鮭とばはとてもおいしかったし、ほしいものも手に入り、良いことずくめです。

ありがとうございました。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数