胃よ、すまん

おおむね快復したのであるが、今のところ胃腸に違和感があり、今日の晩飯はあっさりとしたものにしようと思うのである。

それにしても、私はいつのころからか食事の際にあまり咀嚼していなかったようである。
当然ながら、胃に負担がかかるのである。

なぜそんな食べ方になってしまったのか、考えてみたところ、子供のころにさかのぼるのである。
私の父は職人で、空いた時間にさっさと食事を済ますことが習慣化しており、食べるのがものすごく速い。
母は、食後の洗い物をさっさと済ませてしまいたいらしく、いつも食事をせかしていた。
その結果、私はあまり噛まずに飲み込む習慣がついてしまったようである。

食べるときの自分の行動についてはほとんど意識していなかったのであるが、そこにはいまだに親の影響が居座っているのである。そのために、私の胃には長年苦労を掛けてきたと思うのである。

同時に、私は親の影響など受けたくないと思いながら生きてきたのであるが、無意識下でその影響から離れることができずにいる。自分の思考や行動を意識化することの重要性を再確認した次第である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数