擲つ(なげうつ)

2日の午後に両親を訪ねた後、自分の両親と兄夫婦とは境地の上で住む世界が違っていることを思い知ったのである。
私は数年前に母と決定的な衝突があり、決別したのである。
兄は仲裁に入ることもせず母に同調し、私が死んだものと思うように言ったそうだ。

一昨年の秋に母から電話があり、父の病状を知らされた。
父は私の顔を見たがっていると聞いたので、止む無く訪問したのであった。
そして時々両親を訪問しているのである。
父の病状が、私に両親に対する執着を生じさせたのかもしれないし、単に私が義理を果たそうとしているだけなのかもしれない。
いずれにしても何らかの執着がそこにある。
近いうちにそのような執着を擲つべき時が来ると思うのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

10年

多分10年にはなると思うが、私は距離5キロの実家に
行ってません。
父が面倒臭い人間なので懲りたw
罪の意識?
有りませんやw
他に兄弟が3人いるし、皆「誰かが行くだろう」と思っていると思う。
長男(アタシの弟)が親孝行なので多分行っている
(年に二回はw)と思うんだ~

私も

15年実母と連絡取ってないや。
県内だけど。
実母と同波長の従姉妹(母から見て姪)と親子のように仲良くやってるからそれでいいや。

Re: 10年

アワ男としてはバッサリと切るのが苦手なのだと思います。
ただ、このままダラダラと繋がっていたら、あの低波動に引きずられかねないなと実感した次第です。

Re: 私も

私も連絡を取っていなかったのですが、前回の北陸某所での一人暮らし中に母から私の携帯に電話があり、出てみるとノイズと何やらごにょごにょいう声が聞こえるのみで、面倒なので切りました。
緊急事態なら再度かかってくるだろうと思っていたんですが、それっきり。
一昨年の秋に父の入院を知らせる電話があったときにそのことを聞いてみたんですが、かけていないそうでした。

生霊の仕業なのか、とぼけているのか、惚けているのかわかりませんが。

いずれにしても次はないだろうと思います。

そ、それは・・・

生霊の仕業なのか、とぼけているのか、惚けているのかわかりませんが。

超常現象だと思う!
(怖え~~~)

Re: そ、それは・・・

あの人ならやりかねないです。

年末や連休の時などは『念』を送ってきます。
家内と話しているときに、何故かうちの両親の話題が出てくることがあります。
普段は話題に上ることはまずないので、『また送ってきたな』などと思っています。

面倒な人たちです。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数