今年最初の魂の戦

この後、両親を訪ねる予定である。

父は昨年末から再入院(といっても元気らしい)。
兄夫婦も来るらしい。

兄は私が両親と関係がこじれた時には間に入るということもできず、その場をごまかす目的で両親に

あんな奴は死んだと思っておけ!

と言ってたそうである。
その後、顔を合わす機会はあったが、何事もなかったように接してくる。
型どおり、『この野郎!親合わせる顔があると思うのか』ぐらいのことは言ってほしかったのであるが(そして、高確率で返り討ちにするのである)。

私に自覚なく、親にひどいことをしたとしたら、それなりの接し方があると思うのだが、過去の行動パターンと照らし合わせると、その場しのぎであったことが見て取れるのである。
そこの是非に関してはどうでもいいのであるが、話がかみ合わない人たちとの接触は疲れるのである。

それでは、出かけてこようと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数