初詣

家内と近所の神社に初もうでに出かけた時のこと。

例年はガランとしている境内であるが、今年はそこそこ参拝客があり、私たちの前に参拝している人がいた。
その人の参拝が済むのを待ち(といっても10秒前後)、家内と並んで参拝していた時のことである。

後ろにいた中年のご婦人が参拝中の家内の横から前に割り込むような形で賽銭を投げ込み、並んで手を合わせている私たちの間に割り込むように鈴(?)をガラガラ鳴らしていたのである。

私は感情こそ動かさなかったが、『並んで待てないのかね』などと思っていた。
昔はいちいち腹が立っていたのであるが、さすがに年のせいか腹は立たないのであるが、正直こういう行動をする人は嫌いなのである。
ぺこりと頭を下げて、相手の反応にはお構いなく、自分の行動をゴリ押すような行動である。本人は『ぺこり』で礼儀を通したつもりであろうが、それは相手の反応を見て考えることだろう。この下郎が!
などとは思ってはいないが、若干不快であった。

などと家内に話したところ、以下のような指摘を受けた。

そこに引っかかるようでは、まだまだ

確かに!
返す言葉もございません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数