にわとりの好き嫌い

欧米の価値観では、明確な味覚は人間特有のものであったとされていたと思う。
うろ覚えではあるが。
少なくとも、知的評価の低いにわとりには味覚は無縁のものと考えられているのであると推測される。

だがしかし、うちのにわとりには明らかに好き嫌いがあり、『美味い!』と感じるものもあるようだ。
通常にわとりにはペットショップで買った配合飼料を与えているが、その中のいくつかの成分が嫌いで、避けて食べている。
そして、何故かインコのえさが大好物である。そして、当然ながら、買い置きもある(溺愛)。
先ほども『腹減った』と言うので、餌箱に配合飼料を追加したが、私の顔をじっと見上げて何かを訴えている。
そう、『ふりかけ(インコのえさを指す)も』と要求しているのである。
インコのえさを振りかけるとものすごい勢いで食べ始める。

また、ナッツ類も好きである。
ミックスナッツを食べていると『ぽぽぽ~』と歌いながら歩いてきて『ちょうだい』と言う顔で見上げてくる。
さらにはミックスナッツの中でも好みがある。
ピーナッツ<アーモンド<カシューナッツ<マカデミアナッツ

誰が教えたのか知らないが、舌が肥えているのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

好み

猫でも餌の好みがあるので
動物はみんな好き嫌いがあると思いますw

私が昔学校で世話をしていた鶏は
「この草が好きなんだよ」と同じく世話してた子から聞いて
よく草むらから探し出してはやっていました。
その母校では今も別種の鶏を飼育しているのですが
草を差し出しても見向きもしないので食習慣や好みは面白いです。

Re: 好み

そういえば、子供のころハムスターを2匹飼っていたんですが、皮付きでリンゴを与えたときの食べ方が傑作でした。
片方は普通に食べる一方で、もう一方は皮をきれいに残してポイッと投げ捨てていました。

そうやって向き合うと面白いですね。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数