考えてもわからないこと

今朝、マサトさんのブログを読んでいて、この記事(リンク)に書かれていた一節に目がとまったのである。

判定という基準や枠、定形を求めようとする気持ちや、判断や
裁定そのものがプレアデス反映となりかねないのです。


時々、ロッド鑑定をしていて、どうも引っかかることがあるのだが、それを正確に表現した言葉である。
ロッド鑑定をしながら『これでいいのか?』と思うことがあったのだが、『では何が?』とも思うのである。
『何がこれでいいのか』と考えると手ですくった水が指の間からこぼれていくように、思考はどこかへ消えてしまっていた。
くすぶった何かが、私の心を暗く沈ませるのである。何なんだ、いったい。

今はっきりしたのは、私はロッド鑑定を通してプレアデス反映の種をまいていたのではないかということである。
だがしかし、ここでひと考えをしてみた。

これは善悪の話ではない。
私は必要に応じてロッドで鑑定をする(制度や信ぴょう性は別として)。
それがプレアデス反映につながるかどうかは、依頼された方の問題である。
私には、何らかのフォローはできるかもしれないが、最後は本人の問題なのである。


開き直りとも取れるのであるが、今の時点での結論である。
概ね、この世にあるモノは毒にも薬にもなり得るのである。
だから、私は毒にならないようにフォローすればいいのだ。
良いか悪いかは問題ではない、というよりも、その区別こそがまさにプレアデス反映のなせる業なのである。

一通り考えてみて、ロッド鑑定に対する姿勢が深まったのではないかと思うのである。
ということで、鑑定のご依頼をお待ちしています(って、そっちかい!)。

最後に一言。
考えてもわからないことを考えてみるのは無駄なことだろうか?
一歩も踏み出さないことよりも、途中まで行ってそこが限界と見極めて戻ることは天と地ほどの違いがある。
そして、ただ一人で踏み出して迷い果てるのは避けたいところであるが、自分が迷い果てたことを誰かが引き継いでくれるのであれば、どこかで活きるのであれば、ある意味で本望なのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モノの考え方は

人それぞれなので、誰が何を思おうとOKと思う。
私にとって鑑定は単なる「目安」です。
学校の五段階評価のようなものでしかない。
と、書くと、学校の五段階評価に物凄く価値を置いている人は
私とは違う感覚を持つ。
運動会の徒競走の一等二等、ビリも、それだけのことだけど
それについて物凄い価値を感じる人も居るし、
それを他人が止めさせるわけにもいかない。


とりあえずの「今の時点での波動」を知り、それを活用できるだけの
自分を作るのが良いと思う。

Re: モノの考え方は

確かにその通りだと思います。

なりやすい

マサトさんは「なりやすい」と書いていて「必ずなる」とは書いてない。
私も判定鑑定を出すと、それに囚われるレベルの人には、こういうことは危険だと思っているよ。
それを越えたレベルにある、と思ったので、敢て鑑定をしています。
何事もそれを受け取るに相応しいレベル(最低レベル)というものがあるので、それをクリアしていればOK。

それから鑑定は、直観で看破出来ないレベル(アタシとかw)には必要です。マサトさんはそれが出来るので別格なんです。
しかし私達凡人には目当てが必要。
そういう話。とても単純。

Re: なりやすい

もともと私は取り越し苦労が多いので、それを一つ一つ自覚していくしかないと思います。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数