心の基礎体力についての考察(12/23)  当選者発表!!

12/23追記
大喜利にご参加いただきありがとうございます。
当選された方は、今年中に下記の要領でメールフォームからご連絡ください。

・タイトル:大喜利当選
・内容:下記の項目を明記
  賞品:A賞 または B賞
  HN:大喜利にご参加いただいたHN
  A賞の方のみ、御意見/御感想の有無

では、当選者発表です。

賞品は現在考案中のロッド鑑定『心の柔軟性』の無料鑑定です。
『心の基礎体力』のようにうまく熟語でまとまりませんでしたが、パラメータは以下の4つです。

柔:状況の変化に対応して思考を修正する能力
軟:状況の変化に対応して行動を修正する能力
留:現時点でわからないこと、解決できないことをいったん棚上げする能力(保留する力)
受:認めたくない事実を受け止め、受け入れる力

A賞:上記の無料鑑定(鑑定後の御意見/感想/要望その他 については任意)
ミモリ さん、MH さん、ゆうこ☆ さん、ひろ さん

B賞:上記の無料鑑定(鑑定後の御意見/感想/要望その他 をいただくのが前提)
きょんにゃん さん、あやにゃん さん

参加いただいた皆様の解答は、いずれも参考になるものばかりでした。
そして、分厚いサヌキメッキをまとったアワ男の私が独断でバッサリ切れるわけがないのである。
また、当初の意図とは少し離れた解答をされた2名の方の回答も参考になるもので、同時にこの方々の解答がなければ当初の意図を浮き彫りにすることができなかったかもしれません。
その感謝を込めて、B賞をお受けいただけたらありがたいと思います。



12/5追記
現在、2名の方が参加してくださっているのである。
どちらも大変参考になる解答であるが、ここで苦渋の決断なのである。
今回のお題は『弱い能力を一時的にほかの能力でカバーする』ということがテーマである(下記の青字部分参照)。
このお題のサブテーマは、『能力が向上するまでの間、弱い部分による不都合やトラブルについて、大難を小難にするための工夫』というものである。
したがって、どれほど秀逸な解答であっても、『申し訳ない!』なのである。
で、2名の方は『誠に申し訳ない!』なのであるが、内容的には秀逸だと思うので、心苦しい限りなのである。

なお、再挑戦は可能です。

それにしても、申し訳ない!


自分の鑑定をやってみたのである(→リンク)。

自分の行動を振り返って思うのが、弱い部分は他の能力でカバーしているということである。
だがしかし、これはあくまで応急処置である。鍛えるのがベストであるが、大難を小難にする苦肉の策と言えるのである。

◎忍:4
慌てて今の状況を何とかしようとする自分を理詰め(考:7)で抑えつける。これは割合うまくいっていると思うのである。ただし、抑えきれなかったらいつものジタバタ。

◎解:4
当然ながら理詰め(考:7)で考えて補うのであるが、やっているということは長めに考えているということ。
当然ながら、考えたことを判断力で理解し自分の中に落とし込むという一連の動作の効率が低いということなので、あまりうまくいかないのである。さらには忍:4が拍車をかける。失敗から学んで鍛えるしかないようである。
そこで大喜利。

弱い能力をほかの能力で補うということについて、『こんなことをやっている』ということがあれば、ご紹介ください。
また、下記を参考に『この能力はこの能力で補えるのでは? 例えばこんな行動で・・・』などといったアイデアがあれば、こちらもご紹介ください(こちらは、鑑定を受けてない方も参加可能です)。
今回は、私の独断で『これは面白い!』と思ったことを紹介してくださった方に、何か(考え中)をプレゼントします。

大喜利は12/20までとします。
応募はこの記事のコメント(公開コメント)でお願いします。

<各能力の定義>
思:ひらめいたこと、感受したこと、直感的に感じたことを見逃さずに捕らえる力。
考:『思』で捕らえたものを言葉に置き換えて整理する力
忍:不本意な状況やストレスを感じる事象が続くことに対して、時間的に粘り強く耐え忍ぶ力。
耐:不本意な状況やストレスを感じる事象に直面した時、そのショックに対して心が折れることなく持ちこたえる力。
解:今の時点での自分の判断力を駆使して物事を理解する力
決:『解』で理解したことを活かして、自分のとるべき行動を決断する力
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

忍・耐

「ケセラセラ」なるようになるっ!
やれば(過ぎれば)終わるっ!

忍・耐は、この二つで乗り切ってきたかなとw
基礎体力は鑑定していないので、ベストな策かは微妙ですが、そう最初に思ってしまえば、どーにかなった私ですw

イマイチな投稿で失礼いたしましたっ

打たれ強く能天気

思:7
考:5
忍:6
耐:7
解:5
決:3

「考」「解」「決」が低い私は
・何をするにも「ひと考え」が足りず
・理解力が低いため見込み違いを起こしがちで
・決断や実行した結果が不味くなる

しかし、「思」「忍」「耐」がそこそこあるおかげで
・新しい思いつきに恵まれ気分の切り替えが早く
・心がダメージを受けにくく
・心が折れないため反省も少ない

それゆえに、客観的に見るとまずい状況やしんどそうなコトに見舞われていても、周りの心配をよそに本人は割と平気でいられる。
例えば水圧に耐え得る深海魚とか、酸素が無くても生きている嫌気性菌などのように、あまり快適そうに見えない環境でも妄想力逞しいおかげでそれなりに快適に過ごせてしまう。

多くの場合、環境ストレスが生物の進化を促進する要因であると考えられるが、環境ストレスに耐性があるばかりに、進化の速度が遅いのが欠点かもしれない。
そこは意識の力で鍛錬・精進を重ねてゆくしか無いだろう。

Re: 忍・耐

本文の通り、『誠に申し訳ない!』です。

自分の苦手な部分を強化するのは並大抵のことではありません。
挫折することも少なくはないと思います。
苦手に向き合うだけでも困難なものです。

その時に解答にあるような前向きで明るい心を持ち続けるということはとても重要なことだと思います。

ご解答ありがとうございました。

Re: 打たれ強く能天気

追記にあるように、『誠に申し訳ない!』です。

鑑定結果について深く考察されていることに加えて、感情が動いていないのは瞠目すべき点と思いました。
人が苦手な部分を語るとき、それはあまり快いことではないので、客観的に深い考察をするのが難しいのですが、しっかりとそこに踏み込んでいると思いました。

ご解答いただき、ありがとうございました。

直感でなんとかしている人

思:7
考:4
忍:3
耐:5
解:6
決:5

でした。
個人的な感触としても当たっていると思います。


忍:3については思:7、解:6でフォローしているように感じます。
ストレスを感じる状況に晒された時、その状況をただ甘受するのが苦手なので
状況やその背景はどうなっているのかとアンテナを張り察知し(思)、
きっとこういう感じなんだろうと理解する(解)ことでストレスが緩和されています。

そしてこちらは反面教師的になりますが、考:4は思:7がカバーしている、
というか「してしまっている」状態だなあと気付きました。
ひらめき(思)の高さで「わかってしまう」「わかってしまった気になる」ので、
言語化(考)まで至ってないこと多々なのではと思います。
これは他の能力の向上も阻害してしまうことになるので、
意識して思を考に繋げようと思います。

解答、こんな感じで大丈夫でしょうか?

ひたすら耐え忍ぶ人

結果は以下の通りでした。
思:5
考:3
忍:7
耐:6
解:4
決:4

『考』が低いだろうと予想していましたし、あってるのではと思いました。

私は、ひらめいたり感受したことが漠然としていて、イメージできてもそれを言葉にできない、時間がかかる。
ということで、『思』や次に少ない『解』を『忍』や『耐』でカバーしているようです。

言葉に置き換えたり理論的に整理するまで、本を読んだり日々の情報に接しながら考えている。
しかし『考』はもって生まれたものもあるし、日々の蓄積によるものだから、そんなに簡単ではない。
言葉や答えが出るまで、耐え忍ぶ。
さらにひらめいたり、直感がさえるような環境に身をおくため、時には、
気分転換に趣味のダンスを踊ったり、音楽を聞いたり。

漠然としたひらめきや直感が、耐え忍ぶなか、やがて本や人からの情報などと結びつき、形作られ、言葉となっていくような気がします。

こんな感じです!


はぐらかす しゃべる

思:4
考:5
忍:4
耐:7
解:5
決:4

①「忍」は4です。辛い状況はちょっとの時間でも耐えられないので、
「耐」の7でカバーしています。
不本意な状況やストレスを感じる事象に直面した時に
『これは大したことない!以前のあれの方が辛かったけど乗り越えたじゃん』と、直撃をかわし忘れるようにしています。

②「思」は4で低いので「考」の5でカバーしています。
「思」でひらめきや感受はしても、ぼんやりつかんでいる状態を、
「考」で人に話すために言葉を使いながら明瞭にすることがよくあります。
もどかしい気分の時には、母や友達に聞き役という犠牲になってもらっています。

砂場で「の」の字を書きながら必死になって自分を立て直そうとする人

思:6
考:6
忍:4
耐:4
解:7
決:5

「忍・耐」ともに4ですので、耐え忍べないし折れやすい。しかしながら、何故負けているのかを理解する「解」があるので、とりあえず至らない点を判断することは出来る。そこで「思・考」でひらめいた事を置き換えて整理するのが6なので、もうメモ帳にずらっと書き出して目に見える形で残しておく。
しかしながら、「解」は5なので「忍・耐」の部分を爆発させるほどの行動力はないため、周りに迷惑をかけずに(いやかけてはいるが最高潮にやりすぎない程度で)いられる。

実際、耐え忍べない時にネガティブ思考・感情を携帯のメモにずらずら打ち込みまくった事があります。あれ、後で読むと客観的になるし、バカな自分も拝めるし(?)一石二鳥でしたw
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数