美しいと思う心

人間とは。
花を見て美しいと思う心を持つ生き物である。

などと言えるのかどうか、過去世で動物だったことがあるかもしれないが、残念ながらその時の記憶がないので断言できないのが残念である。

ただ、美しいものを見た時の感じ方と言うのは心の在り方を端的に示すのではないだろうか?

きょんにゃんさんのブログ『自分らしく咲く』の記事『真っ赤っか(⇒リンク)』の写真を見て、素晴らしいと感じた。その場にいたら、まさに息をのむような美しさだろうと思うのである。
私も、人波に綺麗なものを綺麗だと思う心を持っていたようで、一安心である。

かつて、私は子供のころにいじめられていた影響か『食うか食われるか』と言う世界にいたのである(意識の上で)。
そのころであれば、どんなに美しい景色を見ても何も感じなかったと思うのである。

もし、実際にアセンションして今の世界とは別な世界に移ったとして、この世界よりも美しい光景を見たとき、アセンションするぐらいの感性なので今の世界で息をのむような景色を見た時とは比べられないような感覚があるのかもしれない。

アセンションしたとたんにショック死するかもしれないと思うとはなはだ不安である。
何やら、心の声が聞こえたようだ。
『まだまだアセンションするような境地ははるか先なので、そういうのを杞憂と言う』
まあ、そういうことである。

さて、買い物に行った後、走りに行くとする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数