今朝見た夢

はっきりと覚えてないので、グダグダな感じではあるが、書いてみようと思う。

研修施設のようなとことに暮していて、全く知らない人数人と行動を共にしている。彼らは私になぜか一目を置いている。彼らにできないことを私が苦も無くやってのけるというのが理由らしい。
私は、それを意に介さず、気ままに行動していて彼らは私に付き従う。
私は、彼らが『取り巻き』のようになっていること、私の言うことに何の疑問も抱かない態度を気持ち悪く思っている。
それを口に出すと『滅相もない』と言う態度を示して取り乱す。
そんな中、研修所の周りを散歩していた。近くの河の河口沿いの広場でフリーマーケットのようなイベントが催されているのが目に入る。

場面が変わり、モーガン・フリーマン風の黒人の親父の露店の前にいた。親父の髪の毛は緑色に輝き、瞳は青紫。見たこともない果物を売っていた。その果物はボウリングの玉ほどの大きさで、黒曜石のように黒く輝いていた。
親父は一つ手に取り、4つに割って『食べてごらん』と勧めてくれた。
いつの間にか、私の周りにいた取り巻き達は離れたところで、遠巻きに見ていた。

『種を取るやつあるかね。そこが一番うまいんだよ』と言う親父の言葉に従い、一口かじった。
味は無いが、ものすごく美味しいような気がした。
『うまい気がする!全然味がないけど。なんかうまい』
率直に言ってみた。
親父曰く『俺のところでは、味は舌じゃなく心で感じるんだ。お前さん、心に味覚があるようだね』

場面が変わる。
親父に連れられて、地下の倉庫にいた。
ラピスラズリのような色の曲がりくねった棒のような形(太さ10cm、長さ1mぐらいの、青いう○こと言えばイメージできるだろうか?)の果物を手に取り、『お前さんにこれをやろう。そのままかじるといい』
と言われてドン引きしたところで目が覚めた。


私はもともと先入観や思い込みが強く、それに振り回される傾向が強かったのである。
ここへきて、先入観や思い込みから自由になってきたと感じている。
取り巻きに囲まれて、良い気になっていない様子から、今の状況で思い上がってはいないと言うことが見て取れる。
だがしかし、私の心の自由度は、まだまだなのであり、もっともっと自由になれる。
それを示すのが『青いう○こ状の果物』である。
おそらくそれよりもずっと奇妙な果物があったと思うのであるが、2個目でドン引き。
この程度である。

自由な心に向けて、入口に立ったばかりなのであろう。そう思った次第である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

男性は

どうしても女性より頭が硬い。
元々硬い上に会社や社会でそうなるよう鍛えられてしまうからでしょう。
意識していれば柔軟になると思うけど。
それにしても青い○んことは・・・これは頭が柔らかくても食えんぞい。

心の味覚

って言葉、いいねぇ^^

たしかにラピスラズリの色の喰いモンは
まずそうだなぁ

いつだったかテレビで
ダイエット用と称して
真っ青な色のふりかけが紹介されていた

白飯に真っ青なふりかけ
あれは食欲がなくなる^▽^

そうだね

う○この形じゃなくても青いものは食えんわな。

ちょっとシンクロ

あの・・
ちょっと夢がシンクロしてたようでして。
自分の記録のために書き出したものでしたが、、記事にしてみました。
よかったら読んでください↓
http://ameblo.jp/beautyinnaked/entry-12093343116.html

青いうん○が出てこない辺り、まだまだ精進が必要ですじゃ。
一夢庵さんの会話形式の夢に比べ、私の夢は会話が無いのに気づきました。
普段もですが夢でもコミュニケーション不足…

Re: 心の味覚

夕方、走りに行った後に風呂に入ってて思い出したことです。

モーガン・フリーマン的な親父が私に『舌で味わうというのはどんな感覚なんだ?』と聞いてきたので、必死で説明したんですが、理解には至らず『それはどういうことなのだ?』と言う疑問が増えるばかりと言う場面がありました。
これは、北欧の師匠の小説の一節が夢に出てきたのだと思いますが、当たり前と思って受け入れていることを説明するのは難しいことをはっきりと認識した次第です(ついでに、『当たり前』は、いつでもどこでも『当たり前』ではないと言うことも)。

しかし、その青いふりかけってダイエット以外に『いやがらせグッズ』としても強力ですね。

Re: そうだね

学生のころ、文化祭の出店で団子とぜんざいを売ることになって、団子担当のやつが食紅を入れすぎて青空のように真っ青な団子と無着色の白い団子、びっくりするぐらいのどピンクの団子と無着色の白い団子を串刺しにした、体に悪そうなものを売る羽目になったのですが、1本も売れませんでした。
食べ物の色と食欲は深く関係するものだと痛感した体験でした。
余談ですが、団子担当のやつをシメてあんことお茶を買いに行かせて、乳鉢(一応新品)で粉にひいて茶団子的なものに変更して売りさばきました。

ところで、モーガン・フリーマン的な親父の世界でのう○この形は、こっちの世界でいうリンゴの形をしているそうです(リンゴじゃなく、パイナップル型ならデンジャラス)。

当たり前や常識に縛られないのが自由な心とはいえ、やっぱりう○この形は・・・。

Re: ちょっとシンクロ

記事を拝見しました。
なかなかおもしろい夢をご覧になったんですね。
色々と示唆に富んだ夢のようですので、深く掘り下げて見ると良いと思います。

余談ですが、私の夢が会話形式なのは、私がかつて『言われなければわからない現代っ子』と呼ばれていたことに起因するのか、脳内会話が多い(主にボケとツッコミ)せいかもしれません。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数