ソフィーの世界大喜利 <さらに追記あり;青字>

昔、話題になった本である。
この本の中に『自分の道徳律に従って生きることが、本質的な事由につながる』という旨のことが書かれていたと思う。
何度か読み返してみたのであるが、よく理解できなかったのである。
ここへきて、ようやく理解できつつある。

なるほど、そういうことか。

そこでお題。

自分の道徳律に従って生きることの定義について。例えば『他人の考えに迎合しない、と決めて一考えする習慣をつける』とか『お酒は週末しか飲まない』とか、何でもよし。自分がするべき事、避けるべき事を決めてそれを意識して生きると言うこととします。

なぜそれが真の自由につながると言えるのか、お答えを募集します。
11月13日までにコメントをお願いします。
公開コメントで、ニックネームと0~9までの数字の一つを書いてください。

正解者の中から抽選で何かが当たります。
さて、抽選方法です。出題時に私が選んでいた数字と一致した人が当たりです。

書き忘れていましたが、これは『哲学大喜利』です。
ほとんど遊びのものなのでお気軽にご参加ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

じゃぁ、こんな感じで

世間では、植物油>動物油、らしい

でも、オレはバターが大好きだ!

そして、かつきちのお袋は
いまだに頑なにマーガリンを使う
で、ボクもそーなのかなーと思ってきた

が、しかし!

熱で蕩けたバターほど、夢見心地させてくれるもの、あるか?
マーガリンにそこまでの芸当を期待できるか?

バターは動物由来の油
マーガリンは植物由来の油

でも植物由来の油だったら、オリーブオイルが上なのにねぇ
あれ油っちゅうよりも、オリーブのジュースだし

ということで^^
世間では、植物油>動物油だったとしても
オレは自分の舌が心地よいと思うところを信じる!

そしてバターしみしみのトーストを
かじってじゅわっとくるうまさ!

誰が何言おうとどうでもいいわい
己が食ってうまいものは、誰がなんと言おうとうまい!
これって、自由ではなかろうか

あれ?なんかガンツ先生の声が聞こえる
「ロボコン、0点」

うらら~^▽^

Re: じゃぁ、こんな感じで

なるほど。

では、かつきち兄さん。
それが、真の自由につながるというのはどういうことか教えていただけますか?
あと、何かが当たるかもしれない0~9までの数字を一つお願いします。

お答え

自分なりの道徳律を決め、従って生きることは、自分にとって、何の道徳律が必要か、自分で選び取り、生きていくこと。
自己で選択決定し、時に自己の責任で修正改善する能動的な人生でありそれは真の自由に満ちた人生である。

数字 9

真の自由ねぇ

それに答えるとしたら
自分の舌を、んべぇ~と出して
この舌、この舌だ!
と指差します

哲学は言葉を駆使しなければならない
そして言葉はつたない
言葉にはどうにもこうにも限界がある

耳鼻舌身意
ここで感じたものを言葉にして伝えきれる
能力は残念ながら持ち合わせていない

さりとはいえ、ちょろちょろにゅるにゅるとは
言葉を使って、感じたことの何がしかを
ブログを通じて出して行こうとは思っている

水が生まれる
水はたまる
そしてある一瞬
均衡をやぶって流れ出す
決して重力には逆らわず

その流れ出した一滴の水こそが
真の自由ではなかろうか

やっちまった^^;

すっかり忘れた

数字: 5

ルルルール

ルルですよ。
ぼく犬だけど書くですよ。

ぼくは飼い犬だから身体的な自由は無いです。
散歩もごはんも母ちゃん次第です。
だけどほくの心は自由なので、
母ちゃんが散歩に行く気になるように
ぼくが自分で工夫して
母ちゃんに働きかけることもあるです。

ぼくの力を試して、
ぼくのことはぼくが決めているです。
ルルルールです。

ルールの変更もぼくが自分で決めるです。

ぼくが決めたことは
ぼくだけのものですよ。
それをやるかやらないか決めるのも
ばくの自由です。

母ちゃんがルルルールに
乗るか乗らないかも
母ちゃん自身が自由に選択するです。

これって、選択の自由だから
真の自由とは少し違うですかね?

ぼく犬だから、数字はワン!
1ですよ。

道徳だけに

どう解くのか考えたのですが・・・。(寒ッ)

自分で決める、それは自分の世界の形を作っていく。他人も同じように
自分で決めて、その人の世界を作っている。
世間の常識とか良いとか悪いとか参考にしない時点でそれは「自由」と扉に手をかけている気がするのです。

それを続けていくと世間の不都合にぶつかったり、自分じゃない人の自由について考える機会が生まれます。
そこで自分の道徳律に固執せず・かといって相手に染まったり盲信もせず、相手の道徳律も「そう決めているんだな」という思考・判断し悟れれば、自由の視点が高くなり更にそれを続けることで、自分が自由だと思いこんでいた枠も消えて『真の自由』に繋がるのではないかと思いました。(ああ、まとまらないバカ解答の自覚あり。)

数字は2(今日はやたらと猫を見かけたのでw)

誤字

「自由」の扉、でした。すみませんっ

生きる自由

自ら選び決めることこそ本当の自由である。


ソフィーの世界懐かしいですね・・・
私は映画で見ましたが私にとっては世界が多重構造であることや
マトリックスを意識する手助けにもなった作品でした。
番号は3でお願いします!

哲学大喜利

私も参加します!

自分がつくった道徳律に従って生きるとは

自分が何を選択するかも自由
それに伴いどう行動するかも自由
自分の選択や行動に対して責任をとることも自由
主体性をもつということが真の自由につながる

もやもやして考えがまとまりませんでした・・・。

数字:4

大喜利ですね♪

『女は三歩後ろで黙ってリモコン操作』

私が考えたのではないですが、あまりに面白かったwので
知って以来これが私の道徳律です。
(元ネタは http://sk2ch.com/archives/11798
「そもそも女は黙って三歩後ろってのは、三歩後ろで黙ってリモコン操作ってのが正しい解釈なのよ!」とは賢い姑さんの名言)

男は軽く操作して使い倒そう!と虐待の勧め…ではないですよw
必要と用事のある時だけ男に頼りましょうね、って優しさなのです(強調

さて、テレビのリモコンはいつ使うのか?
用事のある時にだけ、手元に引き寄せ、ボタン操作などします。
つまり、妻に言いつけられた時「だけ」夫は従えばよいということ。
呼ばれる前なら、居間でボケっとしてたって何だっていいのです。
妻もまた「指示すればやってくれるのだ」(or何が何でもやらせるw)
実績があることで、夫への容認度が上昇=夫婦どちらも心が自由

アワ女の気分の乱高下を、男の全責任としない賢さを持つこと、
己のアワを満足させられるのは夫しかいない、
夫に承認してもらえなければ、私にはまるで存在価値が無いのだ、
この囚われに転がり落ちないよう、嫌な思いを溜めないこと。

自虐思考に囚われる=他人に己をつぎ込んでしまう
とてつもなく不自由な人生じゃないですか。
「私を四六時中気にかけてなさい、でないと……」と
他人を不自由(罪悪感)の鎖で、無意識に縛り付けてしまったり。
(夫婦限定でもなく、人間関係すべてに通じる話でしょうね)

超アワ人間の私には、この道徳律が自由に繋がる道です。
『女は三歩後ろで黙ってリモコン操作(´▽`)』

数字は2です

あらもう12日だったのね

自分の道徳律を自分で設定できる環境にあり、
それを実行できる状況にあるならばすでにその人は「自由」であるように思います。
(過酷な環境でも心を自由にして自分の道徳観を設定する方々を尊敬します)

自分の道徳率に従ってするべき事、避けるべき事を意識して生きるというのは
自分が真にするべき事を見つける手段になるのではないのかと思います。

「真の自由」は「好き勝手になんでもしたい事ができる」ことではなく
「自分がするべきことが出来る」ことではないかと。


暫くコメントがついていなかったので、実は
「こ、これはもしかしたら…。
 13日まで全くコメントが付かず一夢庵さんが13日に
 コメントがつかなかったコメントを書くという壮大なネタふりかっ!?」
と思ってましたw

数字は7でお願いします。

あ、凄い、来客者数がもうすぐ10000ですね~。

思い切って参加

自分で決めると、何故そう決めたのか、何故そうしたいのか突き詰めて考える事になる。そうして「自分」に対する思考を重ねて「自分」を知っていく。つまりは自分が自分である由縁を知り、自由へと繋がっていくのである。

昔受けた哲学の授業を思い出しました。

「哲学ってなに?と考えることも哲学なんだよ。」先生の一言が蘇ってきました。ありがとうございます。

数字は0で。

ソフィーの世界大喜利

自分の定義に基づいて生きることは、常に自分の思考、
行動に意識を向けていることである。

よって、イマイマにキを入れているのが常態となっている。

他人を主としない、自分の意識を主とする生き方につながる。
それが真の自由。

数字は8

自由ってなんだ

人にはそれぞれ各々の世界を持っている
その世界の支配権を他人に委ねず
自分でルール…道徳律に従うことは
自分が自分の世界の支配者になるということで
自在にコントロールすることに繋がって
……という訳で真の自由だ!

番号は6でお願いします。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数