今朝の夢

最近、明け方によく夢を見る。
やたらと鮮明でリアルなものが多い。
ブログのネタにしよう日々の生活に活かそうと思うのだが、起きて朝食をとるころにはほとんど覚えていない。
上位存在からの言葉だとしたらそのうち怒られるかもしれない。

俺の話を聞け、5分だけでいいから

一応聞いているんですが、忘れてしまって・・・

なお悪い!

メモを取ることにした。

以下、太字が今朝の夢。
職場で、安全に関する勉強会をしていて、英語の小冊子の英訳を輪読すると言うもの。
私の担当の部分を紹介していた。
その内容は以下の通り。

事例はある反応の研究を引きついた人が最初の実験で捜査を間違えて反応を暴走させて爆発に至ると言うもの。
前任者が残したノートには『氷水で冷やしながら試薬Aをゆっくりと加える操作で、著しい発熱があるので10℃以下を保つようにゆっくり加えないと反応は暴走し、爆発に至る。』そう書かれていた。一方で、反応液は試薬Aを加えているときにまず緑色になりその後徐々にオレンジ色に変化すると言う変化をするのだが、そのことは書かれていない。『無色透明からオレンジに変化』と書かれているのみ。そこまでの過程は認識していたが、『いつものこと』なので意に介さず記録に残さなかった。
それを引き継いだ人がその反応をしたときに初期の緑色への変化を知らずに『異常が起こった』と錯覚。焦ったために試薬Aの添加を止めルコックを誤って全開にしてしまい、暴走・爆発に至った。
事故調査委員会ではコックの捜査を重視し、冷静に対処できるように教育を徹底すべきだと結論付けられた。


勉強会の資料の筆者はそれで解決と判断せず、実験中の状況を遡って検証した。
試薬Aを添加中、前任者は慣れた手つきでコックを調整し、適切な点加速度に調節して別な仕事を始めた。時々温度をチェックするだけで特に記録はしない。自分が見て当たり前になってしまったことは注意を向けられることは無いが、そこに重大なことが潜んでいることは少なくない。これは、その顕著な事例であると論じていた。

そこまで読んで、私は自分のコメントを何か喋っていた。最後にひときわ大きくはっきりした声で、『真剣に取り組むこと!それにはゴールなどない!』


ここで目が覚めた。

さーせん。
このところ、自分は『それなりに考えている』と言う慢心がありました。
確かに、周りよりも一考えしているのは確かである。
ただし、それは周りとの比較でしかない。
上には上がある。

そこを自覚するための夢だったのではないかと解釈している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふんばるついでに^^

かつきちも目覚ましがなった瞬間
いったん夢を忘れます

で、思い出すのはトイレでふんばっているとき^^v

「思い出せ、思い出せ、思い出せ...」と言い聞かせていると
ひょこっと出てくるもんです
ミが、ぢゃなくて記憶が^^
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数