政治家の質

民主党が、辞任した二人の閣僚について、安倍総理の任命責任を問うという理由で『感染症及び医療に関する改正法案』などの真偽を拒否しているそうだ。エボラ出血熱などの深刻な感染症のリスクがある中でのこの動き、テロまがいと言っても過言ではないのではないかと思う。


ある意味で国民を危険にさらし、回避したければ要求に従え。そう言うことと区別がつかないのである。

民主党的には理屈があるのかもしてないが、他の法案でやるべきである。

政治家の質が時とともに劣化していると感じて久しいが、ここまでとなると頭を抱えざるを得ないのである。


どういう意図があるのか理解に苦しむが、まさか『現政権を窮地に追い込む、有効な戦略』などと思っていないことを祈るばかりである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数