『けじめ』はついたのか?

少し前に書いた記事で、母が『けじめ』が何とか・・・。
などとめんどくさいことを言っているのを記事にしたのであるが、予想通りというか、成長して無いなこいつらというか、その方向でオチがついたのである。

兄からは却下され、思いやりの無い言い様をされたと憤慨していた。
母のバイアスのかかった見方によれば兄はそんな言い方をするような人間ではないはずであるが、彼はそんな言い方しかできない人間なのである。ここで現実をしっかり見るようになってほしいものである。

自分の息子たちの本質を見極めて、それぞれに対して必要な『覚悟』を決めて、残りの人生を生きる決意をする。
それが母にとって必要な『けじめ』なのだと思うのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数