一夢庵 帰宅難民になりかける

昨日から出向先に仕事の打ち合わせで出張。
で、今日の昼前に帰宅しようとしていたのだが、台風の影響で特急列車はおろか、それと同じ路線も終日運休。
・・・帰れない。

列車運休のニュースで見る、詰め寄る客と対応に追われる係員という状況をリアルに見てきたのである。
係員に執拗に抗議している老人の横で、係員が空くのを待っていた。
感情的にまくしたてるのみで、のらりくらりかわされて、平謝りに合って手詰まりとなっていた。

ようやく空いたので、聞きたいことを聞こうとしていたのであるが、横から別の老人が割り込んできた。
係員は『こちらの方が先に待たれていたので』という事で、私を指し示した。

運休の判断に至った理由はわかりますが、代替の経路はありますか?⇒無いとの回答
振り替え輸送とかの手段もないのか?⇒申し訳ありませんが、JRバスを増便しても追いつかない状況ですので
それは待てばいいのですか?⇒確かにそうなのですが、バスの台数が限られているので現実的には難しいです
実質的にここで足止めされて1泊という事ですか?⇒そうなってしまうでしょうか・・・
宿泊先は紹介してもらえるのか?費用は自己負担なのか?⇒斡旋はしていませんし、申し訳ないですが費用は自己負担です
係員曰く、上層部のほうで対策を検討しているところなので・・・私のほうから申し上げられることは以上かと・・・
だそうである。

予測はしていたことではあるが、一般的な不満が爆発する事案なのである。一応、係員に考えを述べておいた。

確かに、安全を配慮しての理由は正しいことだと思うが、その一方で払い戻しのみでそれ以上の配慮が無い。それはサービスとしてどうかと思う。それは競合企業がほぼ無いという状況に対する慢心ではないのか?
さらに言うと、台風による被害が予想されてからかなりの時間がたっているが、それでもなおかつ検討中という事は企業としての危機意識の欠如ではないのか?(慢心もないし、危機意識は持っているとの回答であった)
危機意識があったうえでこの状況は過去の事例を全く生かしていないということに他ならない。それを私は『親方日の丸のぬるま湯体質』という。反論するエネルギーがあるなら、そのエネルギーを使って顧客に言い訳する代わりに上に掛け合ってほしい。何年かかってでも努力して甘い体質を改めてほしい。

そういい捨てて、切符を清算し、かなり大回りになるが帰宅できるルートを見つけて切符の手配をした。
1泊する程度の差額が発生したが、無事に帰宅することができた。

反省すべくは、感情を動かしてしまった事である。怒ってもどうにもなるわけではない。だが感情に任せて怒ってしまった。
結果的に途中から方向を修正できたのであるが、修行が足りないのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うん。

そこは確かに怒る処では無いですね。
でも腹立つよねw

「本当は腹を立ててはいけないが、でも腹を立ててしまった」

という一夢庵さんの意識は良いと思う。
正解だと思います。
不味いのは腹を立ててないいけない、ここは腹を立てる処では無い
ということを微塵も考えない人ね。
一夢庵さんはそこから脱しているのでとても良いと思います。
(と、偉そうなif)
(私もその状況なら腹を立てていただろうし・・・)

Re: うん。

大雑把にみるといろんなものに腹が立ちました。
多くの人はそこをごった煮状態で目の前の係員にぶつけるのだと思います。

一応はそこを分析したうえでのことでした(と言いながら感情が動いて腹が立った)。

○怒りに任せて筋の通らないことを長々とがなり立てるジジイ 60%
○そのおかげで聞きたいことが聞けずにいるこの状況 20%
○JRの危機管理の甘さ 10%
○迂回または宿泊した場合が自己負担 5%
○暑い・腹減った 5%

昔なら、理不尽と思える自己負担に腹が立ったと思います。今はジジイの抗議の効率の悪さとはた迷惑に対するものが大部分を占めていますが、腹を立てるところから抜けることが今後の課題です。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数