大喜利

多数ご解答頂きありがとうございます。
心より感謝申し上げる次第なのである。

解答があることを想定していなかったので、実は若干焦っている始末なのである。
ここで、まず断っておかなくてはならないのである。
私が正解と称するのは、あくまで私定義であって、一般の定義とは違うかもしれないということである。
その点についてはご了承いただきたいのである。

私の定義では、努力とは『鍛錬あるのみ』であり、前進しかないのである。当然ながら疲労が蓄積するまで休むこともないのである。何より、自分の適性や感性などと目標が合致するかどうかなどはお構いなしなのである。

そして精進とは退くことも止めることもありなのである。止めて離れた後に戻ってくることも可能である。自分に合わなければ軌道修正することも可能である。

そしてここで種明かしである。
実は大喜利は単なるネタ振りなのである。
解答をいただいたみなさんの頭の中から出たのはすべて正解なのである。
そして、何かを習得。獲得する行動として、『努力』と『精進』以外のスタイルもあって良いと思うのであり、多いほうが良いかもしれないと思うのである。
その時々で、どのスタイルが良いのかを考えて選択することが肝心なのである。

実を言うと、これは『問題集』で磨いた判断力をどうやって日常に活かすかということを考えていて思いついたものである。何かの目的に向けた行動についてどんなスタイルがあってどれを選択するか。選択したスタイルが結果的に正しかったのか、修正すべき点があるのか。その他諸々。そんなことを考えていこうというものだったのである。
機会があれば、どのように判断力を生かしているかなど、お聞きできればありがたいと思うのである。

それにしても、皆様の答えがなかなか鋭いので、大いに参考にさせていただきました。
できれば、この記事を読んだ方の参考にもなれば幸いなのである。
などと、何の臆面もなく『人のふんどしで相撲を取る』のである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネタ振りありがとうございました!

「『努力』と『精進』以外のスタイルもあって良い」
この視点、この出題に関しては自分に無かったです。

『努力』『精進』と2つ提示されると、
それ以外に選択肢が無いと無意識に思い込んでました。
こういうこと、実生活でもありそうです…気を付けねば。

大喜利の語源ですが、歌舞伎の大切り(その日の最終幕最後の場面)にちなみ、
寄席でのアンコールを「お客は喜び、演者は利を得る」の
当て字で「大喜利」としたのが始まりらしいです。
(Wikipedia情報ですが…)
昔の人の縁起担ぎや言葉遊びは、興味深いです。

Re: ネタ振りありがとうございました!

『努力』と『精進』以外の選択肢というのは、いわば反則技です。
なので思いつくのはかなり難しいです。

で、この大喜利は真剣に考える『遊び』なので、大目に見てください。
ここで感じていただきたかったのは、『遊び』と『自由な心』は仲が良いということです。

ところで、大喜利ってそんな由来があったんですね。
日本語は面白くて良いですね。

遊び

結構ケッコウw

元々哲学は遊びだったのではないか。
古代ギリシャとか。

Re: 遊び

子供のころは真面目な子だったんですが、真面目さを使い果たしてしまいました。
いまは、ほぼ常にどこかしら遊んでしまっています。

そして、心の自由度が増したと言い訳しています。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数