手ぬぐい

子供のころ、テレビの時代劇をよく観ていたのである。
チャンネル権の順位が 父>母>兄>私の順位で、父が見るのに付き合っていただけである。
(当然夏場はプロ野球である)

で、それなりに楽しんでいたのである。

手ぬぐいを頭巾風に鉢巻きにしたことを書いて思い出したのである。
子供のころに、時代劇に出てくる武士がイカみたいな頭巾を被っているのを見て、一度やってみたいと思ったのであり、今でも果たせぬ夢である(ラオウなら『野望』というかもしれない)。
いや、それほどでもないが。

こうしてみると、私よりはるか上の世代の、アホな男の子が鞍馬天狗のまねをして風呂敷を被るというのと同じである。
明らかに時代的なズレがあり、子供のころに感じていた同世代の子供たちとも間にあった何らかのズレと関係あるのかないのか、よくわからないのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数