一夢庵 何かを手放す

基本的に、拙者あほ故、何を手放したのか具体的にわかり申さぬ。

と言いながら、今日は定例の会議であったのだが、何かを手放したようである。
かつて、孤軍奮闘してもろもろの問題を片づけていた昔の自分と比較して、そのころの自分がやっていた仕事を引き継いだ後進に対して、馬力と言う点において物足りなさを感じていたのである。

数か月前から思うところがあり、彼らを批判的に見ることを封印していたのである。
そして、ようやく結論が出たのである。
彼らはかつての私のような仕事を片づける能力は無い。一方で私は今の彼らのような仕事はできないのである。

拙者、あほ故にそんな簡単なことにすら気づかなかったのである。
ただ、彼らはようやく地に足をつけたような感がある。

安心して手放すことができる。
と言うより、今まで手放さなくてスマンかもしれないのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数