『感謝』回答者の鑑定

自分の頭の中を整理して働かせる機会をもらった上に鑑定していただけるのは非常にうれしいのである。
いつもながら、ifさんとNさんには感謝である。
さて、今回の鑑定結果は

★15 素直 超イケメン

であった。
予想以上の結果をもらった時に、まず『意外だ』と思う癖があるのだが、それはやめなければならないのである。
善い結果について『意外だ』と思うのは、結果的に自分の成長を否定するものであって、『人からされてムカつくことを自分がするかね?』と思った次第である。これは謙虚な姿勢ではない。むしろ傲慢であるとさえいえるのである。
客観的な鑑定で、上がったという結果があるのが事実であり、それに対してまず喜び、その背景についてしっかりと考えるようにすべきである。今さら気づいたのであるが。
で、自分でどこに上がる要素があったのか、少し考えてみたのである。

今も、前から散々ぼやいている仕事を継続し、会議では毒舌を垂れ流している。
おそらく、『研究員のカースト』などがあったとしたら最下層に属する私が忌憚のない(無さすぎる)コメントを垂れ流すのを苦々しく思っている人は多いのだろうと思うのである。
そして、私の普段の様子であるが、相変わらずである。

一方で『★』のほうが着実に伸びているのである。
自覚しているのは心の在り方の違いなのだろうと思う。
『苦々しく思っていることだろう』と自分が勝手に思い、自分が勝手にけんか腰になっているのではないかと思い、そこを改めてみようと思ったのである(先日の記事『完成』にそのあたりは触れておいた)。

転職を考えたこともあるし、おそらく受け入れてくれるところはあるだろう。
転職したとしてもそれまでの心の在り方では同じことを繰り返すことになる。それが何となく見えていたので踏みとどまっていたのであるが、ようやく何かを気付くことができたのである(遅すぎではあるが)。

物事が『好きなこと』と『嫌なこと』にきれいに分かれていれば苦労はない。
『嫌な仕事』の中に『好きでやっていること』が含まれているのであり、それは特殊なことではない。
私に求められているのは『他に好きなこと』を探すのではなく『好きでやっていること』に焦点を合わせることではないか。
そこに思い至ったのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数