古代ギリシャ

古代ギリシャの哲学者たちは自然を良く観察して、思考を巡らせていたそうです。

雨はなぜ降るのか?

現在では暖かい湿った空気が冷たい空気と接触して云々とか、○○前線がなどと、科学的な解釈がなされているのである。
古代ギリシャの自然哲学者たちは雨が降る様子を観察し、雨が降った後何が起こるのかをしっかりと観察していたのである。

雨はなぜ降るのか?

雨が降った後、大地からは植物が芽を出し、育っていく。それを観た自然哲学者の一部が考えたのは『雨が降るのは植物が芽生えて育つために必要だから』と考えたのである。

科学ガチガチ簿考えからはナンセンスと言いたくなるかもしれないが、『なぜ前線があるのか?』、『なぜ低気圧が?』などと突き詰めると、やがて袋小路に行き当たるのである。個人的には古代ギリシャの自然哲学者に1票で、この世界を作った『創造主』パネー!なのである。

そんな思いをもって生きてきたのであるが、ifさんのブログ『ぐれん』の記事『「成りたい」とおもった』を読んでおどろいたのである。そこに書かれている自然の営みは、人知を超えた仕組みの素晴らしさを良く理解させてくれるものである。
遠い昔、古代ギリシャの哲学者たちの観察眼に驚いたものであるが、はるか昔の日本人のさらに深い自然観に驚いた次第である。
その遺伝子を受け継ぐ日本人と生まれてきたことは誇らしいものだと思ったのであるが、私に関しては祖の観察眼は開かれておらず、曇っているのである。
遠い遠いご先祖様。
申し訳ない!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まっこと

そのほうのその体たらく
ご先祖様に申し訳があい立たぬ故
切腹!
申し付くるもの也
よって件(くだん)の如し
(畏怖守誰それ)

Re: まっこと

まったく切腹ものです。
特にここしばらくの、目の前の物質に固執した言動ときたら・・・。

切腹の折には介錯をお願い申し上げます。
(江牟 津羽左衛門)

う~~~む・・・

介錯の儀、みどもには荷が重すぎ候えば辞退仕る。
御免!(逃亡)


ところで古代ギリシャの哲人の慧眼は凄いが
それを遥かに超えて古代日本人、カタカムナ人の直観力は素晴らしい。
何故ならギリシャ人の場合は一部の哲学者がやっていただけですが
カタカムナ人は子供を除く全員が普通にやっていたからです。
勿論直観力の高低はありますが。
それを考えると日本人というのは桁外れの民族だと言えます。

Re: う~~~む・・・

日本人が桁外れと言うのは確かですね。
古代日本人と比べて、現代の日本人は直観力が低下したとは思いますが、それでも並外れていると思います。

日本人自体の中にも貴重な宝があるというのに活かさないのはもったいないことですね。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数