今日の『ぐれん』の記事から思ったこと@20150506

今日のぐれんの記事『「悪抱く」感想/Aさん』を読んで思ったことである。
『悪抱く』を読んで理解し、心の成長を目指す心構えを持つということは、とても重要なことである。
そして、そこに至るにはいろんなきっかけを与えられる(おおむね嫌なことが多いのではなかろうか?)。
そしてそれを見過ごさずに自分の向上に結び付ける心の姿勢が問われるのではなかろうかと思うのである。
同じ方向を目指す『仲間』として、ともに精進していきたいものである。そう思った次第である。

さて、この記事を読んで昨日の実家訪問について、ふと考えたのである。
以前、ifさんに母の本質の絵をお願いして、誕生日&母の日のプレゼントとして送ったことがある。
赤ちゃんの顔を描いたものであった。
そして、その時のおみくじも『赤ちゃん』と書かれていた。
母は、自分のことを理解してくれる人の多くが『あなたは心がきれいだ』とか『無垢な人だ』と言ってくれるので、そのことを示すものだろうと言って喜んでいた。
昨日、帰宅後に実家でのことを家内に話していたのである。
家内が言ったことは、『母の心がきれいで無垢であるということではなく、そこから成長できていないと言うことではなかろうか?』と言うことであった。

その通りだと思うのである。
成長と言うのは善いこと、綺麗なもの、そういうモノだけを取り込んでできることでは無い。
悪や汚いものに触れ、それを理解することも必要である。
母は自分にとって悪と感じるものを遠ざけて転生を繰り返してきたのではないかと思ったのである。
母の上位存在だか、ご先祖だか知らないが、このままではマズいと思い、たまたまAさんと同じ方向で精進している私の上位存在に協力を求めたのではないかと思ったのである(ロッドで確認予定)。
そうだとしたら、その道のりは遠く、ほとんど無茶振りなのである。

Aさんとは違って、向上しようという意思のない母、いろんなきっかけから考えようとせずに愚痴の材料にする母。
今の母にぐれんで学んだことを解いて聞かせるのは無駄な努力であり、それをする私は『引っ張りこもうとする人』でしかないのである。
あの頑迷な母のガチガチな思考を何とかするのはどうすればいいのか。
途方に暮れているのである。
ヒントは自分の心・思考にあるのかも知れない。
なんとなくそう思うのである。
これもロッドに聞いてみるつもりである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数