上位存在と言うものについて考えてみた

マサトさんによると、HÅÅPの上位存在は宇宙連合の宇宙ステーションだそうである。
それを初めて聞いた時、うまくイメージできずにいたのである。
今はうまくイメージできているかと言うと、いまだに自信は無い。
うまく言えないが、感覚として納得できるようにはなった。

そしてそこから類推できることは、あらゆるものには今の自分の世界にある『そのもの』と上位存在があるのではないかと言うことである。
さらに進めると、それらは上位と下位の一対のものではなく、『上には上がある』のと同じく上位存在、さらに上位の存在・・・、と無数に存在するものではないかと思うのである。

それら無数の存在形態の中で、自分の世界に存在するものは自分のレベルに見合ったものに他ならないのである。
だから、『しばいたろか』などと思うようなものに遭遇した時にはそう思うとさほど腹を立てることも無くなるだろうと思ったのである。

さて、今日も上司の考えなしな言動を見て『しばいたろか!』などと思った次第である。
この一例は、上記の仮説を裏付ける出来事ではないかと思うのである。
なんか、ツッコミどころがありそうではあるが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数