不審な電話

先日、私の携帯に留守電が記録されていた。


『私、この前の○○パーティーでお話した××です。よかったらお電話ください』


中年男の野太い声で記録されていた。

消去して放置していたら、その人から再度かかってきた。

面白半分で出てみた。


『先ほど電話した××ですが…』

『あの、どちらにかけているんでしょうか?』

『お…お前誰や! ●●さんの携帯じゃないのか?』

『私の携帯ですが。それに私は●●さんではありませんが』

『な…なんでや』

『もう一回、よく確認しながらかけ直してごらん。番号間違えたかもしれないし』


『もしもし●●さんの…』

『残念!』

『クソッ!』  ブチッと切れた


おかげで数分間、暇つぶしができた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数