親父

一般名詞としての親父ではなく私の父親と言うことである。


今日の昼前に私の携帯に父親から電話があった。

留守電のメッセージにパニクッて妙なピーとかいう音が記録されていた。


何事かとロッドに聞いてみた(直接電話で聞けよ! と言うツッコミは受け付けていません)。



緊急の用件である   NO


父親自身のトラブルまたは問題があった   NO


母親が病気に罹ったまたは怪我を負った   YES    少し焦る(見に行くのが面倒)


一刻を要する事態である   NO


すぐに電話をかけなおす必要がある   NO


直接電話するのが手っ取り早い   YES   これを聞くかね?



電話してみた。耳が遠い(『smiles』のsとsぐらいの距離があるかもしれない)ので、傍目に見ると、暴風雨の中で口論しているような状態であった。要約すると…。


○自分は最近入退院を繰り返している(不摂生が原因の病気で。これは既知)


○少し前に母親が足をねん挫して、今も痛がっている


○最近母親の元気がない


○一度顔を見せてやってほしい


そう言うことらしい。これだけのやり取りで疲れたし、のどが痛い。

このような体たらくでは演歌歌手を目指すなど、夢のまた夢である。目指してはいないが。


さて置き、またうちのご先祖がどこかに泣きついたのかもしれない。

両親の年齢を考えると『どの面下げて…』などと言うつもりはない。

別段、感情も動くわけではない。

ただ、意識の上と言うか、あまりに距離が隔たってしまっているのである。

父親の耳の遠さとは比べ物にならないほど遠いところにいるのである。

たとえ、目の前で向き合っていてもである。


過去何度か、ここまで関係がこじれてなかった時期に両親宅に行った時にいつも感じたことである。

互いに何も響かない虚しさ。


ここまで隔たったものをふたたび統合する力など、私にはないのである。

でも今夜あたり、眠りに落ちようとする耳に響きそうである『Go the distance(やり遂げなさい)』。

しゃーねーな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

これだけ様々なことが脳裏に浮かび分析出来ているし、きっと、この感じでいけば不思議なほど自然な形で様々なことが解決・・というか浄化に向かうのではないかと思いました^^
電話をして差し上げたという行動が出発点であり結論への一歩なのかな*
ゆるりん♪と頑張らず、頑張ってください(笑)

2. Re:無題

>riria*さん

『緊急ならまた係ってくるだろう』とスルーするつもりだったんですが、家内の助言に従いました。
この件では自分の判断は正確性が低いだろうと思うので。
何かが解決の方向ぬ進めばいいのですが…。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数