一夢庵 学会で学生を泣かす

環境科学関連のポスター発表で、ある東南アジアの国のマングローブの森を保護・再生するという研究に関する発表があった。
その国では、経済発展の代償として商工業施設や住宅地として活用するためにマングローブの森林の破壊が進んでいるとのことである。
ご存じの方もいるとは思うが、マングローブの森林の減少は地球温暖化を促進すると言われているのである。
一方で、経済発展と環境とを秤にかけるとどうしても経済発展が重視されるのが今の世の中である。

そのポスター発表では、男女1名ずつの学生が常駐していて、必要に応じて説明していた。
私は、環境科学には深く興味を持ち、その説明を興味深く聞いていた。
この何年かで顕著な成果が表れ始めたそうである。そして、国際援助の一環である環境保護プロジェクトが立ち上がる運びになりつつあるのだそうであった。

聴くだけ聞いて、立ち去るのは失礼なので、必ず質問やコメントを残すことにしているのである。ここでは特に質問は無かったので、自分の思った事を正直に伝えることにしたのである。

環境問題への対策は、時として産業活動や経済の発展と相反するものとなることが少なくないと思います。一方で、地球環境を考えた時にはこのような研究や取り組みは何よりも尊いものだと思います。無事にプロジェクトが立ち上がり、成果が上がるといいですね。どうか、がんばってください。


その場の雰囲気と言うか、流れと言うか、勢いと言うか、説明してくれた男子学生と握手を交わしたのであるが、横で女子学生のほうが涙ぐんでいた。
調子こいて、泣かしてしまったようである。

何かの間違いで、惚れられたらどうしよう?
って、それは無いか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数