波動についての考察

出張中、興味深い演題とそうでない演題がある。
他の会場に行って、より興味深い物を聞けばいいのであるが、人気のある分野では席の争奪戦が熾烈を極めるのであり、メモをとるには座ったほうが楽である(睡魔と言うオマケもついてくるのではあるが)。うかつに席を離れることはできない。
その結果、興味のない演題の時は全く別なことを考えていることがある(時々、意識は無くなるが、それは宇宙連合あたりから呼び出しを食らって、説教を食らった事にしておく)。

人や人の意識を『波動』と言う言葉で表現することがしばしばあると思う。
私には『波動』というと、何らかの波形が、人や人の意識を表す物として存在するというイメージを持っている。
『高い波動』や『低い波動』などがそれぞれ、どんな波形に相当するのか、私には皆目見当はつかないのであるが、ふと思うのである。

人の意識はどんな波形を持つのだろう

『私は、一言で言ってどんな人物であるか』
色々と思いつくが、それらは決して私の全体像を表すものでは無い。
私にはいろんな側面があり、自分でも意識できていない側面も数えきれないほどあるに違いない。
そして、私の意識の波動を考えるとき、『どうも簡単な正弦波のようなものではない』とも思うのである。

恐らくは、私のいろんな側面や癖などに相当する正弦波が複合されて、複雑な波形を形成したもの、それが私の『意識の波動』なのであろうと思ったのである。
私の意識レベルが高いというのは、主成分である波動または私の意識を構成する波形の分布が全体的に高いということで、低いというのはその逆と言うことではないかと思ったのである。

そう考えた時、『問題集をして思考力を高めることで波動を向上させる』と言うことは、自分を構成する波動の分布範囲が高い方向に広がるだけであって、依然として低波動の成分が残されているのであり、簡単にそのレベルまで下がる危険をはらんでいるのであろうと思われる。

だからこそ、本質的に意識のレベルを上げるには、普段の生活でいかに思考し、いかに自分を客観視するかが問われるのであろうと思うのである。

自分の低い波動を切り捨てることは難しいのである。それは自分の波動の一部になっているからである。
自分の波形を関数化してフーリエ変換し、低い波動の成分を除去出来ればいいのであるが、そんな簡単には行かないのである。
今思うのは『悪抱き参らせること』が鍵になるのではないかと言うことである。
低い波動の思考は『抱き参らせて』昇華してやればいいのである。
『災い転じて福となす』ではないが、『低波動転じて(低次のものに出会った時に正しく判断する)ツールとなす』と言うことではないかと考えているのである。


パズルが解けるときのように、するすると思考が進んでいったので(これが正しいのかどうかは不明であるが)、面白いから思考を暴走させておいた。
おかげで、興味のない演題が続く1時間半をやり過ごすことができたのである。

ありがたや。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 次元

2次元の波形なら
サイン・コサインをはじめとして
イメージしやすい

3次元の波形だと
池に石を落としたときとか
太鼓の皮とか
見慣れていたり
なんとかイメージできる気がしたりする

これが4次元、5次元...となると
もうお手上げ\(^o^)/

スピ系でいう波動は
多分4次元以上のことをゆってるんだろうな
とは思うものの
ボクもイメージかできていなかったりします

生まれつき盲目で
数学者となった人は
n次元への拡張をたやすくこなすと
きいたことがありますが
かれらにはどんな風に見えているんだろう
(いや、みえてないんだけれども^^;)

2. Re:次元

>かつきちさん

人間ができるイメージは通常は3次元が限度と言うところでしょうね。
そして、私はアホ故2次元まで下げないとお手上げです。

ところで、『次元』と言うのも時々よくわからなくなるんですが、幾何学的な次元やフラクタル次元などと、ここで言う『次元』と言うのは別物何でしょうかね。

3. スピ系の次元

スピ系ではじめて「次元」という
言葉を使ったのは誰なんだろう
(ボク知らない^^;)

憶測だけれども
はじめて「次元」を使った人は
この3次元世界を超えた世界を
表現するたとえ話的に使った
だけなんじゃないかと

それがスピ的に発展(暴走?^^)してしまい
5次元とか7次元とか出てきたりする

4.5次元とか、2.4697...次元とかの
フラクタル次元はまだスピ系は出てきてないよね
(いや、ボクが知らないだけで、すでに出てたりして^^;)

そのうち「-3次元」とかも出てくるんじゃないかしらん^^

4. 日本で

物理学以外で波動という言葉を使ったのは
戦中戦後に活動していた、誰も知らない物理学者の楢崎皐月氏。
彼の弟子が東大に沢山いて、誰も彼の後継者になれず(笑)宇野多美え女史が後継者になりました。で、トウダイ連中が嫉妬に狂ったとかなんとか・・・妨害もあっただろう。それはいいが、彼らは一応楢崎博士の教えを受けているので、それで勝手にというか、当然というか、「波動」という言葉を使うことになった。しかし勉強は出来てもモノが分らない人達なので、分裂して混乱を極めたのではないかな。そして今日(こんにち)に至る。途中までは良かったが、だんだん低レベルに堕ちるのは何でもそうだね。
今の精神世界で波動と言う言葉を使うのはどこからの出典なのか分らないが、博士の弟子か、アダチイクロウかそこらへんかもしれないな。
で、精神世界の殆どの人達は物理は分らないだろうから、雰囲気、感覚的に使っているのだと思う。正確には理解していないと思う。私も波動を説明しろと言われたら分らないけど。

5. Re:日本で

>if・・・さん

『波動』と言う言葉にはそう言う経緯があるんですね。

ただ、精神状態は波動として捉えたらわかりやすい部分もあるので、頭の中で多用しています(正しいかどうかは別として)。
で、このブログのネタは単なる思考の遊びと言う程度のものですが、久々にきれいにまとまったので書いてみました

6. え!まじで!

楢崎皐月だったんだ!
答えがこんなに近くにあるとは
思いもよりませんでした^^;

7. かつきっつぁん

ところで東京でM2さんに会えたの?

8. あで?

見事、すれ違いました^▽^
もともとお互い直で連絡手段ないし
しょうがないね^^v

9. Re:あで?

>かつきちさん

せっかく声をかけてもらいながら、気付くのが遅かったし、連絡方法を考えているうちに気付いたら家に帰ってきてたし(呆)。

次の機会までには何とか連絡手段を考えておきます(たぶん)。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数