出張めし

概ね、私の出張は今回のような学会出張がほとんどである。
私に勉強させても無駄なのであるが、どうも別に目的があるらしい。
私は考えたこともないのであるが、それなりの影響力があるらしいのである。
(ちなみに、私のトーテムアニマルを聞いたところ、『カナリア』だそうだ。これは別途ネタにする予定)

知ったことではないのであるが、私が定期的に学会出張に行くことで、それに引きずられる人がいるようである。
私に言わせれば、自分の意志以外の動機で取り組む学びには中身が伴わないのである。
さらに言うと、自分の意思の質にも『上には上がある』のであり、『学びたいから学ぶ』と言うのと『学ぶべきであるから学ぶ』と言うのとでは歴然とした違いがある。
その違いについてはここでは語らないのであるが。

話はそれたが、出張中の食事である。
朝はビジネスホテルの無料サービスの朝食で済せる。
と言っても、朝から食欲前回なので、バイキング形式であればパンを中心に洋食で肩慣らしした後、和食に突入する(カロリーの消費が最も多いのは脳であり、その為のエネルギーと言い訳をする)。
最後に、コーヒー(出来ればエスプレッソ)を飲む。
せこい話ではあるが、確実に元は取るのである。

昼食は原則として学食である(安くてうまい!)。

問題は晩飯である。
原則として、知り合いと飲みに行くなどと言うのは避けたいところである。
こう言う出張では、情報交換は素面の時に限るのであり、酒が入ると愚痴っぽい話になるので面倒である。
だから、落ち着いて食事ができ、且つ安くてうまければありがたいのである。
今回は、とても美味しい蕎麦屋さんを見つけたので、そこを利用した。
『アサリのかきあげおろしそば』と言うのを食べたのであるが、大変おいしかった。

晩飯を食べる店を探すのはある意味でギャンブル的な勝負なので、結構楽しいのである。
今回は、大勝と言うところであった。

そして、最大の難問は初日の晩飯なのである。
仕事が終わってから出かけて遅い時間に宿泊地に着いてから探すのであるが、時刻が時刻なだけに困難を極める。
今回は、某ハンバーガーショップで済ませることになった(ドナルドの子孫の店)。
子供の頃、初めて食べた時はとても美味しく感じた。学生にころは愛用していたが、それなりに美味しく食べていたのであるが、久々に食べると『なんじゃこりゃーーー(松田優作 風)』であった。味ではないのかもしれない。何か、匂うのである。防腐剤か何か、素材以外の味と匂いがきついのである。
無理やり食べた後(食ったのか!?)、『ダメだこりゃ(いかりや 風)』であった。

子供の頃に、親の買い物につき合わされて、たまに食べさせてもらえた時のワクワク感をもらった店であるので、改善と努力をお願いしたいものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数