落下運動

物を落とした時、落下速度 V は、落とした時から経過した時間と重力加速度を掛けた値である。
では、水平方向に速度 U で投げ出した物体はどのような速度を持ち、どのような軌跡を描くのか?

これは2次元での速度の問題なので、X方向(水平方向)とY方向(垂直方向)とに分けて考えるとわかりやすい。まず、X方向であるが、これは一定の方向に移動する『等速直線運動』である。
一方、Y方向であるが、これは冒頭に書いた自由落下運動である。
で、これを時間経過に伴って追いかけていくと放物線の軌跡を描く。

さて、うちのニワトリは私の肩に乗るのが好きである。一方で、キッチンは嫌いである。
私がキッチンでコーヒーを淹れるときや平日の朝食の準備をしているときなどは肩の上で不満なのである。おもむろに肩の上で向き直り、頭を背中のほうに向ける。そして、足にぐっと力がこもる。
そう、フンを落下さるのであり、綺麗ではない放物線を描くのである。

それを私は事前に察知し、コーヒーや朝食が乗った調理台と適度な距離をとる。
絶妙の距離感とも言えるほどである。
そして難を逃れるのである。
フンの重量や投げ出される速度を測定したわけではないが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

そ・・そうですね^^
少しの緊張感とスリルは生活のスパイスとして最適、かもしれないですね~ヾ(´▽`*;)ゝ"
綺麗ではない放物線・・どんなんなのだろうか~???ハッ!!?試してみたくなった気がしたけど・・ダメ、ダメ!!(想像が追いつかなくて壊れかけのコメントごめんなさい;;)

2. Re:無題

>riria*さん

この緊張感のおかげで、毎朝早朝に起きるにもかかわらずきちんと目が覚めています。
さすがにこっちは『可愛いから赦す』のは無理です。
プロフィール

一夢庵(M2)不便斎

Author:一夢庵(M2)不便斎
私の目の前の世界は、私が生まれてきた時に私に贈られたものである。
あなたもかつて世界を贈られたからこそ生きているのである。

私の世界は私が作り動かして行くのである。
私の世界の操縦桿を握るのは私だけ。

あなたの世界は?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
来客者数